マイラーズC回顧

木曜時点で注目馬に挙げたシルポートを無印にすると逃げ切られるの巻。
シルポート
予想時点で書いた
「シルポートの逃げるレースは、前半ある程度ゆったり入って後半での加速は少ないラップを刻むところがポイント。ただ、今回はG2でフルゲートなので、ファイナルSほど楽に行けるとは思えず、1000mは58秒ちょっとぐらいか。ラスト4Fの加速はそれほど大きくない」
ここまでは大体正解。
問題はシルポートがラスト3Fのところで11.4→10.9の加速を入れて、後続が全く差を詰められなかったところ。前半3Fが35.0とゆったり入れたことで、後半に余力が残ったか。馬場も例年ほど荒れてないフラットな馬場であったことも向いた。それでも4角時点であれだけ差を開けられたのは地力強化の証。自分のペースで行ければ恐いホワイトマズルで今後の重賞戦線でも鍵を握る馬になりそう。最も安田記念は前半35.0で入ることはさすがに難しいだろうから、逃げ切りは難しいように思う。やはりキャラ的に少し人気が落ちたところを狙いたい。
クレバートウショウ
全くノーマークだったが、阪神コースや中山コースで実績があり、急坂でもしっかり踏ん張れるタイプ。フジキセキではタマモナイスプレイみたいなキャラだろう。単なる展開が向いただけの前残りではなく、確実に地力評価している。逆に東京・京都あたりになると瞬発力で切れ負けしそう。京王杯AHあたりがベストか。さりげなく岩田が乗れてきているので春の重賞戦線では要注意か。
ダノンヨーヨー
たたき台と考えれば上々の走り。今回はスタートを決めてある程度前で競馬した分、末も少し甘かった。安田記念は再び人気になりそうだが、ダンスインザダークだけに過信は禁物か。どちらかというと他力本願タイプで、人気で自分から勝ちにいけないのが問題。
アパパネ
56キロでこの内容なら牝馬相手でも十分やれそう。ヴィクトリアマイルでは当然中心的存在になりそう。叩いてきっちり変わる馬で、ブエナビスタが万全でないなら逆転も。
ショウワモダン
前走あたりからようやく復調気配。安田記念でペースが上がることは大歓迎。ただ、今回の微妙な好走で次走以降は妙味がなくなりそうなのが残念。
スマイルジャック
最速の上がりをマークして0.5差なので、安田記念でもそこそこ人気になりそう。昨年同様ペースが上がればチャンスはありそう。三浦がスムーズに乗れれば。
リーチザクラウン
速い脚を使ってはいるものの、どうも差す競馬では中途半端。差す競馬なら前走のような直線が短いコースの方が向きそう。人気過剰なので今後も消す方が多い馬。
ショウリュウムーン
牡馬相手では荷が重かった。京都金杯と同じような内容。要はシルポートが残るようなレースは向かないのだろう。ヴィクトリアマイルもアパパネとの逆転は厳しいか。馬群を詰めやすい京都の方が向く。
ゴールスキー
準OP勝ちからマイルCS好走で注目を浴びたが伸び悩む。ネオユニヴァース産駒はやっぱり成長力に欠けるのか。安田記念は賞金的に出走厳しそう。
【オススメサイト】

サイト名:ダービーキング
月額・年会費無料
の会員募集詳細はコチラ
皐月賞、フローラSも無料


本当に馬券を当てたい方におすすめのサイトがダービーキング。
とにかく的中させる力はすごい。
例えば・・・
1月30日(日)東京9R 立春賞 3連複26,350円的中!
5番サトノエクスプレス、12番オルトリンデ、2番ビンチェロの3頭を
完全的中。
*11番人気のビンチェロを拾えるとは・・・
他にも2011年から的中ラッシュがたくさん。
会員が増えて投資金額が上がるとオッズが下がってしまうため
現在、少しずつ会員を募集しています。
月額・年会費永久無料でご負担にはなりませんので、一度
お試しで入会されることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です