[中山記念] 前残り狙いで◎は・・・

内回りをぐるっと回るコース形態、スタートから1コーナーまでの距離が短いことから、前半は落ち着いて中盤からのロングスパート戦が基本。差し馬も結構届いているが、内枠・先行馬を中心に馬券を組み立てるのがセオリーか。
中山G1を2勝のヴィクトワールピサが普通に馬券に絡んできそう。リーチザクラウンが間違って引っかからない限りは前半はゆったりのロングスパート戦想定で問題ないだろう。追走に苦労しないのならヴィクトワールピサが連を外す可能性は高くないと見て、展開面から前残りを警戒したい。
マルカボルト
AJCCは直線でミヤビランベリに並びかけるも直線の坂で競り落とされた。初重賞であわや3着の内容ならよく走っていると言えるだろう。400mの短縮で再度の内枠、鞍上に追える外国人ジョッキーと前走よりも好転している点が多く、連勝後の前走よりも人気を落とす今回は馬券としても狙い目。ネオユニヴァースは現状では小回りベストで、母父ノーザンテーストの血統面からもロングスパート戦自体への適性は高い。好走は京都・阪神の内回りコースに集中しておりコース的にもベスト条件か。
キャプテントゥーレ
内回りコース、中山コースの2000m以下なら安定している。久々ながら、追い切りは好タイムをマークしており状態面は問題ない。今回もマルカボルトを行かせるか自ら逃げるかはわからないが展開面でのアドバンテージは大きそうなメンバー。
 ◎マルカボルト
 ○ヴィクトワールピサ
 ▲キャプテントゥーレ
 △リーチザクラウン
人気どころではリルダヴァルを軽視。ここ数走でG1クラスには少し足りないことが明らかになってきており、G2になると4,5着あたりに落ち着くとみた。
馬券は◎○からの3連複2点が本線。◎からの前残り馬連も念のため押さえで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です