小倉大賞典は平坦適性が鍵

小倉1800mはコース形態から加速の少ない平坦レースになりやすいコースで、小倉大賞典も過去10年間(小倉開催)で瞬発戦は一度もない。求められるのは平坦適性の高さになりそう。
サンライズマックス
前走は前残りの決着だったものの、最後はいい脚を見せて4着と久々に見所のある競馬だった。今回も早めに小倉に入厩して調整は万全。中間の追い切り内容からも前走以上の良化が見込める。一昨年の覇者であるように、平坦戦ベストの馬で1800mの重賞も2勝と相性は抜群。
バトルバニヤン
京都金杯は距離不足。前が止まらなかった競馬で、ショウリュウムーンが先週あっさり巻き返したことからも度外視していいだろう。小倉1800mはベストのコースで、中間も坂路で入念な追い切り。人気も適度に落ちているので穴で。
アンノルーチェ
小倉1800mはオープン勝ちを含む<3-1-0-0>。平坦戦を得意とする馬で、休み明けでも3勝を挙げており、いきなりからの穴で期待してみたい。
ナリタクリスタルは、結構ズブい馬なので、多頭数、小回りの1800mでは前を捌ききれない可能性が高いと見て、人気ほどの信頼感は置けないとみる。リルダヴァルは、かなりの使い詰めだったので、そう簡単に疲れは取れないとみるが。
馬券は◎から印への馬連、押さえで◎=○▲から人気2頭への3連。
 ◎サンライズマックス
 ○バトルバニヤン
 ▲アンノルーチェ
 △オートドラゴン、コスモセンサー、サンライズベガ、チョウカイファイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です