[有馬記念] 上がり3Fから見た注目馬

コーナーの多い小回りコースで、ラストの急坂がある中山2500m。過去10年で上がり3Fが35秒を切ったのは1度だけという、今秋の東京G1とは一線を画すレース。中山開催のG2(AJCC、中山記念、日経賞、オールカマー)の好走馬が幾度と無く穴になるのも、上がりのかかりやすい中山コースでの重賞実績が生きているのだと思う。
過去10年で1000mで62秒を超えるスローになったのは、2000年~2002年で、単純な上がり3Fの瞬発戦ではなく、ラスト5Fあたりからのロングスパートの平坦戦になるという特徴がある。スローになっても基本的に瞬発力は問われないはず。2000年~2002年の3年間はいずれも中山重賞で実績のある馬(ダイワテキサス、アメリカンボス、タップダンスシチー)が穴になっている点にも注目したい。今年は中山G2実績のある馬はネヴァブションぐらいしかいないので、上がり35秒以上の実績を重視して全馬をチェックしてみたいと思う。距離1800m以上、オープンクラスのレースでの上がり3F35秒以上の実績で見てみる。なお、1800m以上にしたのは中山記念好走馬が穴をあけることがあるため。
ここで注目すべきだったがひとつ。
ブエナビスタ <0-3-2-0>
レース上がり3Fが35秒を超えるレースで、ブエナビスタは勝ったことがない。ブエナビスタが1着以外だったレースは8回あるが、残りの3回は新馬戦、海外、降着となったJCである。昨年も負けてなお強しの競馬をしているが、2着は2着。同じグランプリの宝塚記念も2着で、頭に来ない可能性はそこそこ高いように思える。
<連対率から注目の馬>
ヴィクトワール <2-0-0-0> 100%
トーセンジョーダン <2-1-0-1> 75%
オウケンブルースリ <2-2-1-1> 67%
レッドディザイア <1-1-1-0> 67%
ジャミール <0-4-0-2> 67%
弥生賞、皐月賞を連勝しているヴィクトワールピサが筆頭格。ただ、海外で2戦してJC激走3着なので、おつりが残っているかが心配。この馬に関しては「JCで消して有馬で」と思っていた人が多かったはずで、JCで好走して人気になったここは逆に人気を裏切るのが流れな気がします。
レッドディザイアは坂路の追い切り内容から見ると、状態が戻りきってないのではないだろうか。注目はトーセンジョーダンで、アルゼンチン共和国杯が12秒台の続くロングスパートの平坦戦で有馬記念に求められる適性を示したものだったと思う。他にもオープン特別で上がりのかかるレースで好走しており、中山コースでの実績もある。オウケンブルースリは中山がどうかだが、スローの瞬発力勝負のG1では足りない馬で、昨年のJCのようにペースが上がってこその馬。菊花賞では4角で一気にまくる競馬をしており、鞍上ノリさんに替わっての一発が怖い。ジャミールは、重賞での好走歴が全て上がり35秒台というわかりやすい馬。G1で好走するならここしかない。
<勝利数から注目の馬>
ドリームジャーニー <5-2-3-6>
ネヴァブション <4-1-3-12>
昨年の覇者ドリームジャーニーは小回りコースのロングスパート戦が得意。今年は足の具合が悪く坂路追い中心なのと、間隔が開いたローテは気になりますがヒモにはマークしておきたい。ネヴァブションは中山重賞で度々の好走。今年は掲示板を外しておらず、状態面で安定しているので、内枠を引くなど一押しがあれば一発も。
<その他>
フォゲッタブル <1-1-1-5>
数値だけを見ると思ったほどよくなくてガッカリだが、菊花賞2着で、ステイヤーズS、ダイヤモンドS勝ち、天皇賞の凡走を見ると瞬発力勝負よりもある程度上がりがかかる競馬が理想なのだろう。昨年の有馬はかなり早めに動きつつエアシェイディとは差のない4着。おそらく人気は全くないので大穴で警戒しておきたい。
【↓参考になった方はクリックよろしくお願いします↓】
応援のクリックをお願いします
【オススメ】
4ヶ月で純利益200万円を稼いだパドック理論!

パドックで5頭だけピックアップして、
100倍を超える穴馬を続々と発掘している
サイトをご存じですか?
しかもピックアップの5頭は、軸推奨を含めてレース前にすべて完全公開。
虚偽の的中報告や誇大広告一切なしの、ガチンコ勝負のサイトです。
その決め手は、元・優駿誌のライターがスポーツ医学関係者と組んで
4年がかりで共同開発した「馬体均整理論」。
これはいままでにない全く新しいパドック理論で、馬を「アスリート」と見立てて、馬体を「走るため」の機能性の面から徹底的に分析していく手法です。
馬には「絶対に走れない形」と、「かなり好走確率の高い形」があるらしく、
それを見分けられるのはパドックだけ。
事実、この理論をもとに、夏の札幌では◎-◯で馬連16万馬券を的中させるなど、
破壊力抜群。この4ヶ月間、3連単だけを買い続けていたとしたら、
なんと100円馬券でも利益が200万円以上になったという、驚愕の新理論なのです。
このサイトは、「週刊・穴馬ニュース!」
いうサイトです。驚異の的中率・回収率は、リンク先の「的中実績」のページで、
誰でも確かめられますし、
4ヶ月で200万円稼いだ驚異のドキュメンタリーもしっかり掲載。

最近も中山でパーフェクトを達成するなど、絶好調。
毎週土・日に<パドックチャレンジ>という
コンテンツでパドック推奨をレース前に公開していますから、
ぜひ一度気軽に覗いてみてはいかがでしょうか。
手作り感のあるアットホームなサイトで、
いまイチオシの人気です。

5件のフィードバック

  1. polotan より:

    こんばんわ 大変興味深い見解でした
    有馬はコレと言っハナを主張する馬がいなくスローの瞬発戦を予想して今年のダービー組が活躍するだろうと思ってましたが正反対のようですね
    記述にもありますが、個人的に消そうと思っていたオウケンブルースリあたりも候補に入ってきそうで余計に迷います 逆にエイシンフラッシュあたりは消せそうです

  2. るなぱーく より:

    私もヒモの買い目が増えそうで困っています。ローズキングダムやルーラーシップあたりを消して痛い目に遭いそうな予感がしています(笑)

  3. 匿名 より:

    ありゃま記念予想
    馬連は基本年間2勝馬
    勝ちレースは寒い時期なら◎
    京都大賞典の人気馬
    血統は母方にノーザンダンサー
    (ノーザンテースト)・トニービン
    中山コースは先行有利
    3歳馬は6番人気まで
    ◎トーセンジョーダン
    〇ブエナビスタ
    ▲エイシンフラッシュ
    △ヴィクトワールピサ
    穴メイショウベルーガ
    穴ジャミール

  4. カイカイ より:

    ありゃま記念予想
    馬連は基本年間2勝馬
    勝ちレースは寒い時期なら◎
    京都大賞典の人気馬
    血統は母方にノーザンダンサー
    (ノーザンテースト)・トニービン
    中山コースは先行有利
    3歳馬は6番人気まで
    ◎トーセンジョーダン
    〇ブエナビスタ
    ▲エイシンフラッシュ
    △ヴィクトワールピサ
    穴メイショウベルーガ
    穴ジャミール

  5. 匿名 より:

    ネヴァブション内枠引きましたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です