セントライト記念穴予想

中山2200mはオールカマー、ロングスパート戦になりやすく、求められる能力は「末脚の持続力」。父サンデー系やロベルト系で母父にノーザンテーストや欧州系ノーザンダンサーが狙い目。スパっと切れる馬よりもジリジリと伸びる馬を狙ってみたい。
コスモヘレノス
ラジオNIKKEI賞も惨敗で、今回は全くの人気薄。その前走はスタートが悪く前に行けない後方からの競馬で、全く自分の競馬ができなかった。今回は距離が伸び、スタートからの直線が長い中山2200mに替わることで、前走よりも前で競馬がしやすくなりそう。元々中山コースでは500万勝ち、弥生賞5着実績があり、ロングスパート戦への適性もある。休み明けでもグラスワンダー産駒は、スクリーンヒーロー、シルクネクサスなど、中山2200mの重賞で穴になっているケースがあり超大穴演出を期待。
ミキノバンジョー
前走は小倉2000mらしい中盤からほぼ12.0の均一ならラップがズラリと並んだレースで、この馬の持続力の高さを見せたレース。1000万勝ち馬は、このレースで馬券になっているケースが多く、1番人気で勝ちきったところは素直に評価しておきたい。◎と同じグラスワンダー産駒でのワンツーに期待。
クォークスター
母系がヘクタープロテクターのトライアル向き血統で、抜群に切れるタイプではないので、中山2200mでは面白い存在。母母父にノーザンテーストでラジオNIKKEI賞のレース内容からもこのレースへの適性は高い。
ベストアンサー
500万勝ち、わずか3戦のキャリアだが、前走はラスト4Fからの持続力勝負だったので評価してみたい。父アグネスタキオンに母父が欧州系ノーザンダンサーのサドラーズウェルズで、血統面からの適性もある。
 ◎コスモヘレノス
 ○ミキノバンジョー
 ▲クォークスター
 △ベストアンサー
 ×ナイスミーチュー、アロマカフェ、ゲシュタルト、フェイルノート
【気になる予想サイト】
【ローズS/セントライト記念/エルムSの予想】競馬予想の友 ウマセン
競馬予想は、独自のこだわりスピード指数による3連単予想!!
■予想スタイルは
スピード指数による予想です。
馬の絶対能力が勝敗に直結するので競馬予想において
「スピード指数」による予想は有効です。
統計学上の観点のみで機械的に算出される「スピード指数」に、
血統、ローテーションや調教タイム、騎手の癖までを
数値化したデータを解析して「スピード指数+α」の予想を行っています。
ウマセンのスピード指数は「オリジナルの基準タイム」を算出して
日々調整しデータの信頼性を高めています。
■ウマセンのサービスは
・週末の予想は、全特別レースの予想を前日に公開!買い目は単勝・馬連・3連単!
・月曜日に重賞特集を公開!スピード指数上位馬、
傾向・データ、調教情報、予想ポイントを徹底解説!
・メールマガジンではメルマガでしか読めない予想情報!※週2回配信の予定。
・料金は完全無料で、ウマセン内の全サービスをご利用いただけます!
・登録はメールアドレスだけで2分で完了の簡単登録です。フリーメールもご利用できます!
競馬での勝ち負けの差は僅かです。「+α」の情報で差を詰めることができます!

今週の重賞レース
「第28回 ローズS(G2)」
「第64回 セントライト記念(G2)」
「第15回 エルムS(G3)」
買い目もまもなく公開となりますので、是非ご覧下さい。
⇒今週の3連単予想を見る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です