アイビスSD展望

開幕週で行われるようになった過去4年の傾向をチェック。
梅雨の終わりに開催時期が移行したことで、雨が降ることが多くなった。4年中重馬場が2回。今年は、金曜に稍重発表だが土日は晴れ予報なので、久しぶりにパンパンの良馬場開催になりそうだ。勝ち時計は53秒後半~54秒前半を想定。
過去4年を見ると馬券になった12頭中9頭が馬番二桁。12頭中8頭が牝馬。12頭中8頭が54キロ以下。
上記からは「外枠の54キロ以下の牝馬が狙い」という結論になるわけですが、今年はアスドゥクールとキルシュブリューテしか該当しない。前者は1000万勝ち直後で父ジャンポケで1000mのイメージが沸かない。後者はオープンクラスでは足りてない印象で、昨年は10着。どっちも狙いにくいなぁ・・・。
狙っていた馬がことごとく内なので、モチベーションは低め。オッズを見てからじっくり考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です