マーメイドS回顧

セラフィックロンプが予想外の逃げ。息の入りにくい淀みない逃げも開幕週の馬場を5ハロン目から12.1が最も遅い持続ラップを刻み、後続にうまく脚を使わせた印象。阪神2000mらしいロングスパートレースだった。重い斤量の馬がことごとく沈むハンデ戦らしいレース。ヴィクトリアマイル組が重い斤量を背負ってこける傾向は来年以降も続きそうだ。
ブライティアパルス
瞬発力がないので、セラフィックロンプが刻むラップがピッタリだった。中山牝馬S、福島牝馬Sはいずれも先行馬にはきついラップで、2000mへの延長で随分楽をできたのではないかと思う。前走から控えても競馬ができるようになったのは収穫。クイーンSなら引き続き狙えるかと思ったが、賞金を加算できたので休養に入る公算が高そうとのこと。休み明けで府中牝馬Sを使ってくるようなら過信は禁物。瞬発力勝負は分が悪いので、この馬自身で競馬を作るか、他に引っ張る馬がいないと厳しい。メンバー次第では別定重賞でもやれそうに思う。オースミハルカのような競馬ができるのならエリ女でも。
セラフィックロンプ
牡馬相手にそこそこ差のない競馬をしていたので、これぐらい走っても驚きはない。直線の短いハンデ戦では今後も穴で警戒。2度の重賞連対はいずれも1800mからの距離延長なので、延長で先行策を取れる時が狙い目か。
テイエムオーロラ
こちらもマンハッタンカフェの距離延長、そして初重賞。ちょっと過剰人気しすぎの感じがしたので、少し印を落としたが、最後にニシノブルームーンの猛追をしのいでいるように力を付けている。速い上がりはなさそうなので、牝馬限定戦特有のスローになりそうなメンツだと絶対視は禁物か。
ニシノブルームーン
唯一差した馬で掲示板確保なので地力は評価できるが、差しに脚質転換したことで、人気だとアテにしづらくなった印象。先行していた時代は中山や阪神でも安定していたが、今の脚質なら東京コースの方が合いそうだ。
ヒカルアマランサス
直線が長いコースの方が合うし、距離も2000mよりも短い方がよさそう。ハンデ56キロはきつかったようで、別定戦での巻き返しに期待したい。瞬発力勝負になりそうなメンツなら府中牝馬Sはこの馬。
馬券は◎からの馬連と3連を的中。テイエムオーロラを▲から×に降格しているあたり、相変わらずの引きの弱さを感じずにはいられない・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です