マイルC回顧

1.31.4ですか。高速馬場とは思ったけど、それでもこの時計は驚愕!エイシンダッグマンの3F33.4という入りも凄いが、これに2番手で追走して4着に粘っているサンライズプリンスもとんでもない馬。このレースの反動か、最終は見事なスローの前残りでしたね。
テンの2ハロン目、3ハロン目が10秒台という高速スタートに、そこから11秒台のラップがズラリ。ラストも12.0とガクンとは落ちておらずレベルの高いレースだったと思います。3歳戦でこれだけの時計で走ること自体規格外であり、出走メンバーの中で故障する馬が出てこないことを祈りたいところです。
ダノンシャンティ
Hペース未経験で軽視してしまったが、それを嘲笑うかのような快勝。展開がはまったという見方もできるが、このラップで上がり3F33.5を繰り出しているところはさすが。また、他の上位馬が内枠で内を通る競馬だったので、外から唯一追い込んだ点は評価したい。人気距離延長自体は問題ないと思うが、日本レコードで駆けてしまった後の反動は少々心配。
ダイワバーバリアン
マンハッタンカフェ産駒が2年連続の連対。マンカフェ産駒は、京都新聞杯を3連覇したように得意条件では滅法強い。この馬は典型的な内枠巧者で立ち回りの巧い馬。今回は、この馬の長所を最も生かす競馬ができた。ガルボも似たようなタイプなので、2頭とも今後は内枠の時は重い印を打つ方向で。
リルダヴァル
直線で外に出すのに手間取ったが、この馬なりに力は出している。中2週続きでこれだけのレースをしたので、個人的には一休みさせて降級する夏以降に出直して欲しい。このペースで使い続けるとタキオン産駒だし馬が壊れるんじゃないかと心配。
サンライズプリンス
この流れで先行馬で唯一の掲示板。強い。ただ、東京の平均ペースでは瞬発力勝負で切れ負けしそうなので、弱い相手に案外取りこぼすシーンも。タイプ的にはゼンノエルシドに似てそうなイメージ。高速馬場を前々で押し切る競馬が一番合うんだろうなぁ。G1ではそういうレースがあんまりないのが難点。ダービーでは瞬発力で勝る馬が他に多そうなのでちょっと厳しいか。

3件のフィードバック

  1. UPUP より:

    どうも。
    初めてコメントさせていただきます。
    金満血統を愛してやまないブロガーです。
    もしよろしければ相互リンクお願いできますでしょうか。
    先にリンク貼らせていただきました。
    宜しくお願いします。
    今回のNHKマイルCはサンライズプリンス強かったなぁ。っていうのが一番の感想ですねぇ。

  2. るなぱーく より:

    はじめまして。
    ブログリストの方に追加しておきました。
    今後ともよろしくお願いします。

  3. 匿名 より:

    べっ、べつにあんたなんかに興味は無いんだからね!(人・ω・)☆ http://ylm.me/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です