NZT予想

日曜の桜花賞も楽しみですが、まずは土曜のNZTが勝負。
大混戦の馬券的にはこっちの方が絞りやすいか。
ダイワバーバリアン
クラシックを目指して、きさらぎ賞、弥生賞と使って来たが5着、4着と賞金加算に失敗し、再びマイル路線に矛先を向けてきた。弥生賞では出遅れながら外から早め先頭に並び掛ける競馬で4着。距離短縮でG1で3着した舞台に戻れば当然見直せる。メンバー的にも過去2走で戦ったメンツもおらずクラシック戦線よりは明らかに手薄。枠も内目で問題なく中心視してみたい。
ニシノメイゲツ
デビュー2連勝、大外から5着した朝日杯の内容からも中山向き。スローで不発の前走の内容からも中山替わりは大歓迎。叩いた上積みも大きく、輸送のない関東の競馬の方が力を発揮できる。
マイネルマルシェ
非サンデーの馬が多いマイネルの馬には中山1600はピッタリ。この馬自身もひいらぎ賞、ジュニアCと人気よりも好走しているように中山マイルへの適性が高い。母父は中山マイル特注のブラッシンググルーム系。前走の2着は弥生賞3着のダイワファルコンだけに、昇級でも侮れない馬。
コスモセンサーはツルマルジュピターの存在が余計で、展開的に厳しくなりそうなのが割引。サンライズプリンスは1600mはさすがに忙しい印象を受けるし、大外で前半脚を使うようなら厳しいか。人気2頭がうまく外に入ったので◎○▲の馬連ボックスで勝負したい。
 ◎ダイワバーバリアン
 ○ニシノメイゲツ
 ▲マイネルマルシェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です