月別アーカイブ: 4月 2010

2

天皇賞予想

今週は土日出かけるので、いつもより早めの更新になります。ミッキーペトラの出走によりホクトスルタンが除外されたことで、スローになる可能性が濃厚となってきた。過去3走以内に逃げている馬はミッキーペトラだけで、同馬の前走は1000m62.3のスローペース。今回も大幅の距離延長となれば、Hペースで飛ばすこと...

0

天皇賞展望

枠順発表前ですが、軽くデータから。メイショウベルーガとフォゲッタブルは過去に似たようなローテを通ってきた馬達がいました。【牝馬の天皇賞挑戦】阪神大賞典でそこそこ好走した牝馬の天皇賞での成績。メジロランバダ 日経新春杯 1着 阪神大賞典 4着(0.7差) 天皇賞   9着(7番人気)タケノベルベット ...

0

フローラS回顧

ラップ構成を見ると道中の最も遅いラップが12.5で1000mの通過が60.6とそこそこ。それでいて上がり3Fは11秒台でまとめているので、レースレベルとしてはそれなりのように思う。カレイジャスミンが逃げて2着した2008年が最もレースとしては近い。この時の本番は、レッドアゲート2番人気6着、カレイジ...

0

フローラS予想

土曜は重スタートだった東京だが、急速に乾いて上がり33秒台をマークする馬も出る馬場となった。パンパンの良馬場に乾きそうな日曜日の馬場は、瞬発力勝負になること必至で、例年のように欧州系の血統に固執しすぎると痛い目に合いそうなイメージ。血統的にはできればサンデー系の血が欲しい。穴で狙う予定だったメジロジ...

0

福島牝馬S予想

中山牝馬Sで前後半2.3秒差の前傾ラップを刻んだブライティアパルスが出走。同レースで2番手グループを形成した4頭のうち、ショウナンラノビア、ブラボーデイジー、ウエスタンビーナスが出走し、短距離ダートからは前走逃げ切りのキシュウグラシアが参戦。小回りということもあり、スローの上がり勝負にはまずならない...

0

皐月賞回顧その2

twitterはフォロワーの数がいつの間にか100人を突破。フォローいただいた方ありがとうございました。少しでもお役に立てるつぶやきができればと思います。皐月賞について追記。今年は間隔を空けた直行ローテの馬が多くて、きさらぎ賞、共同通信杯、京成杯、シンザン記念からの直行馬がいたわけですが、好走したの...

2

皐月賞回顧

毎年穴を狙っている皐月賞で念願の的中。押さえの3連複なので、儲けは微妙。そして最終は複勝を買ってお決まりの4着(笑)。日曜は天気がよかったこともあって馬場は急速に回復した。それでもパンパンの良馬場までは回復せず。ヴィクトワールピサ圧倒的1番人気の馬で、まさかの内を割る競馬。多頭数で内を割れる馬の根性...

0

皐月賞予想

土曜日の中山は超のつく不良馬場。500万のマイル戦が1.38.7で、2000mの山藤賞は2.09.1と異常なまでに時計がかかっている。前半1000mが67.2もかかっているのに、上がり3Fの最速が35.8なのだから、相当に馬場が悪いのだろう。日曜は晴れ予報で馬場はある程度回復するのだろうが、回復の遅...

1

マイラーズC予想

例年はスローの決め脚勝負になることが多いマイラーズC。今年は、シルポート、リーチザクラウン、タマモナイスプレイ、キャプテントゥーレなど前に行きたい馬が揃った。阪神地方は金曜日が雨で、少し渋った馬場になりそうで、予想は難解を極める。シルポートはここ数走を見る限り、11秒台をきれいに並べる持続ラップ逃げ...

0

皐月賞展望

1昨年は1着4着、昨年は血統面から9頭に絞り込み、そこからの絞り込みに失敗して惨敗。方向性は間違っていないと思うんですが、なかなか当たりません。【血統】父か母父に欧州系ノーザンダンサー(リファール、ニジンスキー、サドラーズウェルズ等)、トニービンあたりがベスト。瞬発力よりも持続力が求められる流れなの...