スプリングS予想

弥生賞よりも200m短いスプリングSであるが、弥生賞よりも中盤が緩みにくいのが特徴。2歳チャンピオンローズキングダムは、後の朝日杯組の活躍を見るとこのメンバーでは崩れそうにない。3着は外さないとみて、3連系の馬券を組み立てたい。
サンディエゴシチー
休み明けということもあってか現在4番人気、単勝は20倍近くになっている。デビューから1200,1500,1800mと距離を伸ばしての3連勝はある程度どんな流れにも対応できる自在性の証。おそらく瞬発力はそれほどないので東京だと苦しいが、平均ペースで流れやすいスプリングSなら前で競馬することでカバーできる。追い切り内容も週を追う毎によくなって、今週は自己ベストをマーク。重賞ウイナーはこの馬とローズだけのメンバー構成なら十分勝負になる。
ローズキングダム
マイル戦にも対応できているので、中盤がある程度速くなっても対応できそう。乗り込みも十分でメンバー的にも3着は外せない。
バシレウス
馬場差はあるが共同通信杯を0.9上回る前走の勝ち時計は優秀。中山1800mで2着があるなど、1800mは4戦してパーフェクトの成績。リファール系のキングヘイロー産駒なので、瞬発力よりも持続力を求められる流れの方がベター。トライアルの中では厳しい流れになりやすいスプリングSへの適性はあると見た。
 ◎サンディエゴシチー
 ○ローズキングダム
 ▲バシレウス
 △アリゼオ、サンライズプリンス、ゲシュタルト、サクラエルドール
アリゼオはゆったりした流れの方が合いそうなので少し評価を下げた。サンライズプリンスは、2戦とも強烈な前傾ラップという特殊な環境での連勝であり、圧勝は数字ほど評価できない。母父がダート血統でパワーに特化している印象があり、今回は過剰人気とみて少し評価を下げた。穴はデビュー戦1.3倍の単勝に指示された素質馬ゲシュタルト、1800mで2勝のサクラエルドール。ゲシュタルトは前走のこぶし賞が好メンバーで出遅れて5着。単勝人気ほどの能力差はないと見て穴に挙げてみる。
【PR】
勝利の方程式⇒⇒http://houteiski.jp/
無料競馬予想サイトのご紹介です。
競馬は情報が勝ち負けを左右します。
競馬新聞やインターネットの競馬サイトに載っている
情報はほんの一握り。
しかもそれらの情報は馬券で勝てる
情報かというと、そうではないかと思います。
競馬予想情報サイト「勝利の方程式」では
馬券の勝ち負けに直結する情報を
無料で配信します。
まずは3月21日(日)に行われる
スプリングS(G2)の馬券情報を無料で公開しています。
70名限定、21日(日)12時締め切りなので早めの登録をお願いします。
勝利の方程式
高配当勝負馬券情報に自信あり!
競馬で勝ちたいあなたへ送る究極の馬券術!
無料情報はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です