フィリーズレビュー予想

内回りの阪神1400mらしく、トライアルとしてはかなり厳しい流れになるレース。スローの瞬発力勝負は皆無で、前傾ラップのケースがほとんど。ベストオブミー、アマノチェリーラン、レディルージュなど、ダート経験を持つ馬が穴になるパターンも多い。
ニシノモレッタ
阪神1400mはききょうSで2着、昨年12月には500万勝ちと相性抜群。いずれもフィリーズレビューにありがちな、前傾ラップの厳しい流れを先行して好走しており、ここでも面白い存在になりそうだ。中間は2週前に坂路で破格の49秒台をマークするなど、久々でも仕上がり良好。
前売りで9番人気と想像以上に人気もないので、ここから手広く狙ってみたい。同じく阪神1400mを勝ち上がってきたレディアルバローザ、ペースが速い方が向きそうなテイラーバートン、内回りで2連勝したラナンキュラスといった人気どころをマークしつつ、穴では未勝利戦を前傾ラップで勝ち上がったサウンドバリアーを挙げておきたい。ラブミーチャンは、サウスヴィグラスはともかく、母父アサティスなので、やはりダート馬である可能性濃厚。同じ父なら母父サンデーのハニーメロンチャンの芝替わりでの一発に期待。
 ◎ニシノモレッタ
 ○レディアルバローザ
 ▲テイラーバートン
 △サウンドバリアー、ハニーメロンチャン、ラナンキュラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です