阪急杯回顧

ちょっと展開を深読みしすぎたか。開幕週の1400mなので、内枠・先行という基本を守らないとどうにもなりませんね。最終的には良馬場まで回復し、傾向通りの内枠馬での決着でした。
エーシンフォワード。好調期に入ったストームキャットでしばらくは安定して走りそう。G1になるとどうかと思いますが、前哨戦まではそれなりに力を発揮できそうです。
ワンカラット。昨年のフィリーズレビュー同様、良馬場とはいえ少し時計のかかる馬場になったのがよかったように思います。パンパンの良馬場だと苦しいので、今後は阪神牝馬Sを人気でこけるパターンになると予想。1,2着馬とも内でロス無く走れたのがよかったように思います。
サンカルロ。58キロでの好走には驚き。アーリントンCでシンボリクリスエス産駒が2年連続好走していたように、この時期の阪神の馬場が合うのか。
ビービーガルダン。ずっと2番人気までだった馬で、今回は休み明けでマークされる立場になっての1番人気。前回の1番人気時(京阪杯)も6着と人気を裏切っているように、人気でアテにならないのはいかにもダンチヒという印象。
トウショウカレッジ。直線で少し不利があったが、開幕週で平均ペースだとやはりちょっと足りない。最後はそれなりに伸びていたので、本番で展開はまりそうならヒモにはマークしておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です