京都記念回顧

ドリームジャーニーは京都外回り、2200mなら危ないというのが第一感だったので、そこは当たっていたとは思います。やはりこの馬の特徴は何といっても「コーナリングの巧さ」でしょうから、京都外回りや府中の直線だと持ち味がそがれる印象。それでも59キロで3着に来ているあたりは、相当に地力強化しているように思います。今後も小回りコースはもちろん、広いコースでも警戒する必要が出てくるか。
レースは残り800mからのロングスパート戦ではあったものの、中盤が緩みすぎたのでラストまで加速する瞬発レースとなってしまいました。こうなるとトウショウシロッコあたりの瞬発力ではさすがに厳しいですね。ジャガーメイルは取り消し明けながら、ルメール鞍上だし、こんなに人気がなかったのが意外。トップクラスの馬ともやれるところは見せたので、天皇賞あたりでも楽しみになりそう。ブエナビスタは広いコースだと安心して見れますね。心配された成長力もあるようですし、今年いっぱいは競馬界を引っ張っていって欲しいところ。ドバイは馬場が合うかどうかが焦点になりそうですが、何とか結果を残して欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です