日経新春杯回顧

日経新春杯は惨敗。
人気馬4頭のうち、1,2着馬を無印、消えた人気馬に重い印を打つという最悪の流れ。
メイショウベルーガ
京都外回りでは安定。古都Sの内容をもう少し評価すべきだったか。さすがに天皇賞で通用するとは思えないが、母父サドラーでそれなりにスタミナもありそうなので前哨戦ではそこそこやれそうだ。
トップカミング
相手なりに走るキャラで、昇給でも問題なかった。ただ、勝ち馬に3馬身離された内容からすると、別定の重賞だとパンチ不足か。中距離だと切れ味不足なので、これぐらいの距離がベスト。
サンライズマックス
折り合いを欠いてちぐはぐな競馬。やはりコーナーが多いレースがベストで、今後は直線の長いコースでは本命は打たない。天皇賞4着なので、距離が長いことはないと思うが、小回りコースのコーナーで折り合いをつける競馬がベストの模様。鞍上も乗れていない印象。
ベストメンバー
長距離重賞は休み明けは割引が鉄則。調教で動いていたとはいえ、この馬に重い印を打ったことは反省。母系から見ると中距離ベストの印象で、次走は阪神大賞典よりも京都記念を使うべきだと個人的には思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です