【ニューイヤーS】◎レッドスパーダ

エーシンフォワードは12月から早くも3戦目で使い詰めのローテーションがそろそろ影響してこないだろうか。
レッドスパーダ
レベルの高かった鳴尾記念で0.4差の5着。叩き3走目、オープン特別であれば、正直負けられないところ。前走は、道中溜めすぎて上がり勝負になってしまったのが敗因だろう。その点、中山マイルではスローの上がり勝負にはなりにくいので、競馬しやすいはず。
トーセンクラウン
中山コースである程度ペースが上がれば安定した成績を残す馬。前走までは5戦連続で中山芝で連対していた中山巧者。前走は中山コースで久々に連を外してしまったが、超スローの前残りレースだっただけに参考外。冬の中山なら極端な高速馬場にはならないだけに、持ち時計のないこの馬でも台頭可能だ。
ファイアーフロート
秋風Sでは、昇級戦でマイネルファルケの0.2差5着。母父に中山コース向きのストームキャットの血があり、血統的にも向く。
 ◎レッドスパーダ
 ○トーセンクラウン
 ▲ファイアーフロート
 △リザーブカード、タイガーストーン、ダンスインザモア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です