アルゼンチン共和国杯展望アルゼンチン共和国杯回顧

2009年11月08日

【AR共和国杯】◎トーホウアラン

土曜日の競馬を見る限りは、東京の馬場はかなり良好な状態であり、勝ち馬の上がり3Fが33秒台のレースが連発している。大外を回すと届かないレースが多く、内枠の好位差しができる馬が狙い目か。
天皇賞の勝ちタイムが同じであることから、馬場レベルは昨年と同程度と推測される。アルゼンチン共和国杯はコースの形状から高速な上がりにはなりにくいレースではあるが、今年も昨年と同様に33秒台の脚は必須と言えそうだ。
【展開】
ヴィーヴァヴォドカ陣営が「控える」宣言。秋華賞も同じようなことを言って結局逃げたので信用ならないが、2500mの距離を考えると無理はしないだろう。他に逃げそうな馬はミヤビランベリぐらいで、スローの決め手勝負が濃厚か。
トーホウアラン
「内枠で好位からある程度速い脚が使える馬」という観点でこの馬をチョイス。前走は開幕週の外枠でうまく脚を溜められなかったのが敗因とのこと。気ムラなダンス産駒らしく、斤量も軽くなり人気が落ちる今回は狙い目。中間は坂路で52.1の好時計をマークし、叩き3走目で状態は前走以上。スローでなだれ込む競馬は得意なので人気薄での一発に期待してみたい。
スマートギア
どんな流れでも確実に差してこれるのが強み。良馬場で直線の長いコースではほとんど崩れておらず、ここも複勝圏までは確実に突っ込んできそうだ。ただし、今の東京の馬場を考えると、前の馬も速い脚を使うので、外を回しすぎると届かない懸念はある分○に留めた。
ハイアーゲーム
8歳馬ながら今シーズンは好調で上がり3F33秒前半を2レース連続マーク。東京コースでスローの流れになれば、確実に切れる脚を使う馬だけに、前走がフロック視されるならばここも狙い目。
ジャガーメイルはここを勝たなければ大目標のジャパンCに出られないわけだが、その割には先週、今週と追い切りが軽すぎる印象。勝って臨んだ昨年ほどの出来にはないか。無印にはしないが、大外枠を引いたこともあり、少し割り引きたい。穴は2年連続このレースで最速上がりマークのダンスアジョイ。アーネストリー、トウショウウェイヴ、サンライズマックスあたりは、2000mの平均ペースがベストの印象で、切れ味勝負になると分が悪いとみた。3連複の押さえまで。
◎トーホウアラン
○スマートギア
▲ハイアーゲーム
△ジャガーメイル
△ダンスアジョイ
×モンテクリスエス、アーネストリー、トウショウウェイヴ、サンライズマックス


umanari_lab at 01:17│Comments(0)予想 

この記事へのトラックバック

1. (No Title)  [ マヤノトップガン ]   2009年11月08日 03:33
いつもお世話になってます。<br />馬柱にレースペースも載せていただけるともっと見やすく予想がしやすいです。<br />ぜひご検討ください。<br />
2. (No Title)  [ ニセ掃除係 ]   2009年11月08日 09:17
まさかこのレースで、トーホウアランの◎が被る人がいるとは思ってもいませんでした(笑)<br />
3. (No Title)  [ あれ? ]   2009年11月08日 14:10
ヴィーヴァ大逃げ打つという話も出ていますが・・・<br />

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アルゼンチン共和国杯展望アルゼンチン共和国杯回顧