マイルCS回顧JC展望その2

2009年11月23日

JC外国馬

JC外国馬情報(JRA)
ジャパンCは馬券的に面白そうですね。
近年手薄になりがちな外国馬ですが、今年はコンデュイットが出走してきます。ブリーダーズCターフ連覇+キングジョージ+セントレジャーでG1を4勝している実績馬です。BCターフでは2分23秒台で走っており、持ち時計もあります。調教師はシングスピール・ピルサドスキーと同じ。馬的にも上記2頭に迫る実績を残しているだけに、圧倒的1番人気になってもおかしくない。
不安点は詰まっているローテーションと血統面かな。秋は凱旋門賞から使い始めて、アメリカに輸送してBCターフ、そして日本へ。輸送経験豊富な馬なので杞憂に終わるかもしれませんが。父系のダルシャーンの系統って日本だとキュンティアぐらいしか活躍馬が出ていません。母系はフサイチコンコルドの母バレークイーンに通じる血統でもあるので、持ち時計もあるし、全く駄目ということはないでしょう。
2400mの実績から見ると、ウオッカを始めとする日本馬よりも遙かに上。これで1番人気にならないのであれば、馬券的には素直に買いでしょう。
他の外国馬は・・・コンデュイットに比べると大幅に見劣りしますね。こちらは近年通りと行ったところか。血統的にも日本にピッタリという馬はいなさそうなので、コンデュイット以外は消しが妥当かと思います。
日本馬も、結構消せる馬が多そうなので、コンデュイットの人気次第では、相手を絞って馬連で行こうかと思っています。
ネヴァブションは「ここをひと叩きして有馬」でと思っている人がいっぱいいそうですね。私もその一人ですが(笑)。


umanari_lab at 20:54│Comments(0)展望 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
マイルCS回顧JC展望その2