セントライト記念回顧

セントライト記念は、前半1000mまではペースが落ち着いていたのですが、そこから11秒台が4ハロン続き、ラストまでペースの落ちない展開でした。逃げ・先行馬が得意なレースではありますが、これだけ息が入らないレースだと前の馬には厳しいですね。前に行く馬ばかり勝っていたので予想としては完全にハズレ。勝ったナカヤマフェスタは父も長距離で実績のあるステイゴールドですし、母父は菊で恐いリボー系。他の馬が距離を気にするようなら一発あってもおかしくないか。ただ、菊花賞はこのレースとは違ってもっと瞬発力が問われる競馬になるでしょうから、基本的には神戸新聞杯組中心になりそうに思います。
ローズSの方は展開から読み違え。思ったよりもペースが上がりました。やっぱり牝馬同士のレースは難しいですね。レッドディザイアはこれで人気が落ちて本番狙うという人が多そうですが、結局のところ本番も人気しそうですね。秋華賞は内回りなので、枠順や脚質による紛れが多いだけに、2強とあきらめず穴馬を探していきたいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です