ダービー回顧

ダービーは◎○▲の順で2,3,4着。そして、1着のロジユニヴァースが無印という痛恨の馬券。◎○からの3連複もヒモ抜けで悶絶です(^^; ロジユニヴァースは、皐月賞本命なのに中間の追い切りが軽かったのと、当日馬場が回復気味だったので無印にしてしまいました。昼から急激に雨になって不良馬場になったのは完全な誤算。
ロジユニヴァースは、ラジオNIKKEI賞、弥生賞を見るからに時計のかかる馬場は抜群にうまいんでしょうね。今回も体調的には万全までは行かなかったんでしょうが、メンバー中随一の馬場適性で補ってしまった印象。ただ、やはり良馬場での時計勝負への不安は拭えなかったわけで、今後も嫌う場面は必ずあるはずです。秋の中山は洋芝開催なので、セントライト記念あたりを使ってきたら思いっきり消して見るのも手か。
リーチザクラウンはロジユニヴァースに捕まる苦しい競馬ながらよく頑張ってくれました。ジョーカプチーノが刻んだラップ(1000m59秒台)はかなり厳しかったので、深追いしなかったのがよかったように思います。それにしてもきさらぎ賞組は本当にダービーと相性がいいですね。これで3年連続きさらぎ賞連対の先行馬が馬券になっているので、来年も要注意でしょうか。秋は距離が伸びてどうでしょうかね。菊を逃げ切るのは厳しいように思うので本命を打つことはないと思いますが・・・
アンライバルドは血統的にはもう少し馬場をこなせるかと思いましたが、母父サドラーの血統面とは違って良馬場の方がよさそうですね。東京の長い直線への適性は結局わからず。皐月賞上位は結局全滅で、1~4着までは先行組が巻き返すことになりました。まあ、これだけ馬場とペースが違ったら、求められる適性も全く違うわけで当然といえば当然でしょう。
この世代は、好走範囲が決まっている、いわゆる分業化の進んでいる世代のように感じますので、今後も同じような組み合わせの馬がワンツーすることが多くなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です