ダービー予想

気になる馬場は、土曜は重馬場だったが、日曜は曇り予報なので、内から乾くインチキ馬場が出現する可能性も。土曜の競馬を見る限りは、外は伸びそうで伸びない馬場。Cコース替わりで極端な外差し馬場出現はないだろうし、2年連続逃げ・先行馬が穴になっているだけに前で踏ん張れる馬に注目。
リーチザクラウン
皐月賞は大外枠ということもあって、中途半端な先行策で惨敗。きさらぎ賞から間隔の空いたローテもマイナスだった。今週は坂路で一番時計をマークする絶好の動きで、本来の目標であるダービーに向けてきっちり仕上がった印象。展開面では、ゴールデンチケットは陣営が控える作戦を匂わせており、仮にジョーカプチーノが逃げても単騎2番手が可能な展開。崩れた2レースはいずれも小回りコースで、広いコースで自分のペースで競馬できれば、前で競馬をしても速い上がりがマークできる馬。圧勝したきさらぎ賞はダービーとの相性のいいレースで、連対馬は2年連続で穴を空けている。父は稍重のダービーを圧勝しており、産駒も重が得意な馬が多いのは心強い。
アントニオバローズ
弥生賞をパスして順調さを欠いていた素質馬がようやく軌道に乗ってきた。プリンシパルSは権利確保を狙った早めの競馬できっちり2着。その後も中1週でDW1番時計を出すスパルタ調教で、デキの良さをアピールしている。デビュー以来上がり35.1が最速の馬なのでパンパンの良馬場だと苦しいが、マンハッタンカフェ×キングマンボという血統面から、道悪は抜群にうまそう。後ろの馬が馬場に脚を取られるようならあっと言わせるシーンも。
ナカヤマフェスタ
今週はポリトラックで好時計をマークしているように、皐月賞とはデキが雲泥の差。皐月賞は、アントニオバローズと一緒に早めにまくる厳しい競馬ながら、先行勢の中では最先着しており、2戦2勝の東京に替わって巻き返しが期待できる。
 ◎リーチザクラウン
 ○アントニオバローズ
 ▲ナカヤマフェスタ
 △アンライバルド
 △アイアンルック
 △ゴールデンチケット
稍重、重のダービーはサンデー+ミスプロの血が狙い目。血統面から穴馬は、サンデー×ヘクター(ミスプロ)のアイアンルックと、ミスプロ×サンデーのゴールデンチケットを挙げておきたい。
馬券は◎○▲からの馬連フォーメーションで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です