【オークス】○ダノンベルベール

<トライアル組の取捨>
フローラSは良発表とはいえ、レースの上がりが36.3もかかるレースで、近年のオークスとは対局にあるレースだった。同じ東京でも本番とは完全に異質のレース。勝ち馬ディアジーナはパンパンの良馬場で上がりの競馬になると斬れ負けする可能性が濃厚。買うなら2着のワイドサファイアかと思うが、桜花賞組よりは、現時点では少し劣るイメージ。
スイートピーS組の連対は過去10年でカワカミプリンセスだけ。3着まで広げてもラブカーナしかいない。今年は上がりの競馬になったので、上位馬が通用する可能性も否定できないが、1,2着馬とも桜花賞と同日の忘れ草賞経由のローテ。ブロードストリートはチューリップ賞も使っており、ローテーション的には厳しい。
忘れな草賞勝ち馬デリキットピースはアサクサキングス(ダービー2着)と同じホワイトマズル×サンデーの血統。同父のスマイルトゥモローがオークス勝ちと府中2400mでは恐い。ただ、2戦のキャリアと前走大幅体重減からが心配なところ。デビュー2戦ではこれといった瞬発力は示しておらず、瞬発力勝負に対応できるかどうかは未知数。
<結論>
やはり順調度からすると、桜花賞組が断然。配当的妙味から、桜花賞は内枠で泣いたダノンベルベールを狙ってみたい。母系は凱旋門賞勝ちシーバード、リファール、ディクタスなどスタミナ豊富な血統。桜花賞トライアルをパスしてのローテは、ウメノファイバーやチューニーなど穴になりやすいパターン。桜花賞1~3着馬は中間の追い切りも抜群で外せない。
◎ブエナビスタ
○ダノンベルベール
▲レッドディザイア
△ジェルミナル
△ワイドサファイア
3連単と3連複のオッズが大して変わらないので、今回は万全を期して3連複を中心に買おうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です