皐月賞予想土曜の競馬

2009年04月19日

皐月賞回顧

終わってみれば、母父が欧州系ノーザンダンサーの馬がワンツー。4着にも母父エリシオのシェーンヴァルトで、厳しい流れの皐月賞らしいレースでしたね。Hペースにはなるだろうとは思っていましたが、ここまでズブズブの流れは完全に想定外でした。
勝ったアンライバルドは完全に見立て違いでした。4コーナーで見せた一瞬の脚は相当のもので、中山<東京というイメージがそもそも間違っていたのかも。ここまで瞬間的に切れるとダービーは逆に嫌いたくなってきます。ネオユニヴァース×サドラーズウェルズと血統的には皐月賞向きだったにも関わらず、これまでスロー中心に使われていることから軽視してしまいました。
1番人気ロジユニヴァースは中間の追い切りが軽かったにも関わらずマイナス10キロ。弥生賞で仕上がり過ぎていたのがマイナスなのかもしれません。それに加え、これまで速い時計での決着のレースを経験していなかったので、意外と時計勝負は向かないのかもしれません。それにしても、ここまで崩れるとは思いませんでした。切れ味勝負だと分が悪いので、ダービーでも狙いづらい印象。間隔が空くので、追い切りの動きが戻り立て直してくるかがカギとなりそうです。
2番人気リーチザクラウンは、外枠でいかにも中途半端な競馬になってしまいました。こちらは武豊がレース後に距離長い発言。忙しい競馬は不向きでゆったり行ける展開の方が合いそうですね。
トライアンフマーチは、幸四郎の久々の好騎乗。後方待機策が見事にはまった印象です。セイウンワンダーは馬体が絞れてガラリ一変。このあたりは、いかにもロベルトって感じがしますね。朝日杯組は皐月賞ではなぜか3着が多いです。
2~5着馬は拾えているんですが、肝心の頭が無印では完敗です。安易にロジユニヴァースに◎を打ったことが反省点。開催も変わるので気分を切り換えて頑張ります。


umanari_lab at 18:20│Comments(0)回顧 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
皐月賞予想土曜の競馬