桜花賞回顧

桜花賞は、◎△○で何とかゲット。外差しの傾向が如実に出たレースでしたね。
ブエナビスタは4コーナーでいったん内に入れつつ、直線外に出しての勝利。一瞬レッドディザイアとジェルミナルの間を割ろうとして詰まったのかと思いましたが、外に出してからはさすがの伸びでした。先週よりは重い馬場での上がり3F33.3は他の馬にはちょっと出せませんね。シーザリオと似たタイプだとすると距離が伸びた方がむしろ安心してみれそうで、オークスも引き続き逆らえないと思います。
2着レッドディザイアは一瞬頭もありそうな脚で見せ場十分。わずか3戦目のレースでこの内容は素晴らしいですね。今回はそこそこ中団で競馬できたのも収穫で、オークスでも外せない1頭になりそうです。ジェルミナルは位置取りが少し後ろ過ぎるかと思いましたが、よく伸びてくれました。ジュベナイルFやチューリップ賞と比べると軽い馬場だったのが向いたようで、引き続きオークスでも狙えそうです。
3番人気ダノンベルベールは馬体も減っていたし、内の荒れた馬場を走って力を出し切れなかった印象。4着以下でオークスで巻き返すとしたらこの馬ぐらいでしょうか。
オークスは桜花賞直行組を狙うという例年の方針からすると、1~3着馬は引き続き注目、巻き返すとしたら関東馬で輸送がないダノンベルベールぐらいでしょうか。あとは賞金的に足りない馬や短距離向きの馬が多いですね。トライアルがまだなので何とも言えませんが、ミクロコスモスあたりと比較するなら桜花賞の上位3頭やダノンベルベールの方が上じゃないかなぁ。
今週は外差しの影響が強かったので、阪神最終でも外差しを狙って惨敗。瞬発力勝負なら絶対消しだろうと思った馬にワンツーされて、かすりもせず。阪神は芝刈りや雨の状況で馬場が劇的に変化しているので、馬場情報には注意したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です