フィリーズレビュー回顧 他

【フィリーズレビュー】
前半3Fと後半3Fが34.3-36.1の前傾ラップにも関わらず前に行っていた馬がワンツースリー。後方から追い込んだ馬が4,5着止まりだったところをみると、後ろは届かない馬場だったんでしょう。
ショウナンカッサイはもっと前で競馬して欲しかったなぁ。デキがイマイチだったのか、本番を意識しての待機策だったのか・・・。まあ、今までずっと人気薄だった馬が2番人気だったので、ちょっと人気しすぎだったのかも。桜花賞がパンパンの馬場で行われると想定すると、このレースの上位3頭はいずれも違う感じがします。ブエナビスタはやはり1強の存在で、2番手以降は大混戦になりそうですね。個人的には、5着のアイレンベルクに注目。既に何度か人気薄で激走しているし、どこかでまた穴をあけそうです。
ミクロコスモスはディアデラノビアと同じような道を辿りそうな雰囲気ですね。やはり1400mでは少々距離不足の印象です。この後はフローラSを勝ってオークスで穴人気する感じでしょうか。
今年の上位馬をみると、やはり1200~1400mで実績のある馬の方がよさそう。そんな意味でも○パールシャドウは完全に失敗。こちらはリズムを崩したウッドマンの系統なので、調子を戻してくるまでは見送りが賢明かも。今日も先行すらできずに終わりましたし。
【中山牝馬S】
差し馬から買おうとは思ったんですが、キストゥヘヴンは引退レースだし信用しきれず。おそらくピンクカメオは買えなかっただろうから、ケンは正解でした。ピンクカメオはマイルC勝ちもあるし、時計のかかる馬場では要注意ですね。それにしても逃げるとは思いませんでした。
リビアーモは、明らかに綺麗な馬場の方が走りそうな馬なので、ここは過剰人気でしたね。人気を落として府中か京都に出てきたら是非とも買いたいところ。前走で連対していますが、本質的には中山は向かないでしょう。
中山はそろそろ差しが決まる馬場になってきた印象。ただ、昨年は4週目にローラーをかけて内の馬がよく来たこともあるので、馬場情報には注意したいところ。
<その他>
今週は中京が開幕週のAコース開放で、完全に内伸び馬場。内枠の馬がとにかく来ていて、内枠+外枠の先行馬を買えば当たるレースがほとんどでした。
試しに中京1200mを内枠+先行狙いで買ってみたのですが、
土3R △△◎ で1着3着
日4R △○△ でタテ目。◎は8着
日11R △△△ 今度は2頭から流したのに◎7着○8着
上位の内枠馬は全部ヒモに買えているのに、タテ目ばっかり。
やっぱり中京は難しいですね。
中京記念は○◎が2着3着で、内枠の馬で先行しそうな馬に3連複を流したら100円だけ引っかかりました。雨の日のエルコン、恐るべしですね。中山牝馬Sも3着しているし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です