小倉大賞典

飲み会帰りで眠いので簡潔に。
今年から初日に開催となった小倉大賞典。時計も速くなり、前も簡単には止まらなさそうで、狙いはやはり逃げ先行馬中心か。開幕週実績のある馬に注目してみたいところ。
バトルバニヤン
小倉は<3-1-0-0>で、小倉1800mに限ると2戦2勝。昨年も同時期の小倉1800m勝ちは、この馬のベストパフォーマンスと言える内容だった。速めの流れを先行して抜け出す競馬が最も得意で、それができる枠順と鞍上。
レッツゴーキリシマ
開幕週で時計の出る馬場、逃げ馬が揃うメンバー構成とこの馬の好走条件は揃っているように思える。人気が落ちたときこそ力を出せる馬なので、人気落ちの今回が狙い目か。
 ◎バトルバニヤン
 ○レッツゴーキリシマ
 ▲ダイシングロウ
 △ヤマニンキングリー、ミヤビランベリ、ホッコーパドゥシャ、フィールドベアー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です