天皇賞回顧

直線の坂上がったところで、ダイワスカーレットは3着以下に沈んだと思ったんですが、あそこから差し返して来るとは・・・。11秒台が続くラップで逃げながら、坂を登り切ってもう一度差し返した競馬には鳥肌が立ちました。テレビのカメラだとダイワが残ったように見えましたが、角度の問題でしょうか。
ウオッカもさすがの競馬。やはり牡馬相手の淀みない流れとなる競馬の方がこの馬には合うようです。JCも厳しいレースになりがちなので、ウオッカには合いそうですね。昨年よりはリズムいいし、引き続き中心的存在になりそうです。ディープスカイは世代レベル云々言われていますが、3歳だと抜けて強いんでしょうね。距離的には1600~2000mがベストの印象を受けるのでジャパンCでこれ以上パフォーマンスを上げることができるかどうか。上位馬に関しては、これだけのタフなレースをしたので、反動が心配です。故障とか疲れが抜けないとか、何らかの後遺症が出てくる馬がいるかも。
2000mの外枠不利に関しては、以前ほど気にしなくていいのかも。スタートしていきなりカーブがあるので、今回でいうとダイワスカーレットやアサクサキングスあたりが外枠を引くと気にした方がいいのかもしれませんが、ウオッカのように中団からでも競馬できる馬なら気にする必要はなさそうです。また、天皇賞は4週目で開催が進んでいることもあり、「距離損なく走れる内枠」と、「馬場のいい外枠」の有利不利が相殺しているようですね。
カンパニーに関しては、ポツン最後方が大好きなジョッキーということを忘れていました。これぐらいのレベルになると外を回していたらとても届かなくて、追い込みならカンパニーのごとくイン突きするしかないようです。毎日王冠から馬体も戻っていたし、穴党として△つけておきたかったところです。
エアシェイディが最後頑張っていたのですが、ダイワはとっくに差されたものだと思っていたので、直線はいまいち熱くなれず(笑)。レコード決着で5着は立派で、陣営が言うように2000mはベストだったんでしょうが、相手が悪すぎましたね。
何だかんだで格の必要なレースだなと感じました。4、5着馬も今年のG2勝ち馬なことを考えると、穴で狙うにも最低でも近走のG2連対は必要なんでしょうね。アドマイヤフジでは、足りなさすぎたか。あと、北海道組やローカル組は、小回り専用の馬が多いので毎年狙えるわけではないのは覚えておきたいところです。今年のジャングルポケット2頭やドリームジャーニーは府中のG1で来るには瞬発力が足りないように感じました。今年の天皇賞は堅かったですが、毎年堅いレースじゃないので、来年は当てたいところです。

1件の返信

  1. ユタカ より:

     こんばんは。レース自体は今年度最高に見ごたえのあるものでした。当方、的中はしたのですが、「当たって損」でした。惜しかったのがカンパニー。三連複、ワイドで上位3頭から買っていたのですが…(T_T)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です