スワンS予想カシオペアS予想

2008年11月01日

天皇賞予想

一見豪華G1ではあるが、天皇賞の前哨戦的な位置づけである、オールカマー、毎日王冠、京都大賞典に加え、春の宝塚記念と天皇賞の勝ち馬がいない。これだけ古馬の有力どころが集結すると、4歳牝馬と3歳牡馬で3強を形成するのも当然である。3強は3強で決まることが、多いが1頭は凡走するケースも多いため、間に割って入る穴馬を探してみたい。
ダイワスカーレット
人気3頭では一番安心して買えるように思える。自分で競馬を作れるタイプで、逃げ・先行ながら上がり33秒台の末脚を発揮できるため、後方の馬は余程切れないとダイワを差せない。今回は、ウオッカやカンパニーは外枠なので内を見る競馬で控える可能性濃厚で、他に逃げそうなのはアサクサキングスぐらいしかいない。仮にアサクサキングスが逃げたとしても、ダイワが2番手に控えるとHペースにはならなさそうで、33秒台で上がってくる可能性濃厚。久々のローテも中間の乗り込みが豊富で前哨戦も使えるぐらいに仕上がっていたののなら問題ないはず。
アドマイヤフジ
母アドマイヤラピスがステイヤーだったために、長距離路線を使われることが多かったが、最近になって陣営も「中距離ベスト」を認めてきた。それだけに、秋のG1はベストの距離であるここがメイチの勝負。大型馬だけに叩いた上積みは大きく、今週もCWで素晴らしい動き。G1では掲示板が精一杯の成績だが、先行脚質を生かしてなんとか3着までに粘り込めないだろうか。
エアシェイディ
マイルを中心に使われていたが、実は2000mは<2-2-1-0>。関西への輸送はいまいちなので、陣営も春先からここ目標を公言していた。オールカマーを使ってから間隔があるので、じっくり調整できていて上積みも大きい。7歳でありながら2000mG1は初めて、G1自体も4戦目というフレッシュさがある。内枠を引いたのである程度好位で競馬できれば波乱も。
アサクサキングス
鞍上の藤岡が「33秒台の末脚が使えないことを意識して乗る」とコメントしており、おそらく逃げることが濃厚。Bコース替わりで内の馬場は良好な状態であり、直線入り口で突き放す競馬ができていれば逃げ粘りの可能性も。
 ◎ダイワスカーレット
 ○アドマイヤフジ
 ▲エアシェイディ
 △アサクサキングス
 ×ウオッカ
 ×ディープスカイ
馬券は◎から○▲△への馬連と◎-○▲の3連複で。
久々にウマニティに予想投稿してみました。全馬コメント付きです。



umanari_lab at 16:57│Comments(0)予想 

この記事へのトラックバック

1. (No Title)  [ t-hory ]   2008年11月01日 21:30
この藤岡のコメントは非常にありがたく頼りになりますね。これでレース前での腹のくくり方はできそうです。<br />アンカツは無理に抑えず無理に行かせずのこれまでの競馬を踏襲するはずなので、アサクサが前に出てくれると願ったりなのですが(^^)<br />
2. (No Title)  [ るなぱーく ]   2008年11月01日 22:23
>t-horyさん<br />予想が結構被っているようなので心強いです。アサクサ→ダイワの隊列ですんなり流れると願ったりなんですが、どうなりますか。楽しみですね。<br />

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スワンS予想カシオペアS予想