富士S予想福島民友C予想

2008年10月25日

菊花賞予想

土曜の富士Sで今週のプラスを確定させたので、菊花賞は控えめにいきます。
オッズが割れすぎて思ったよりも旨味がない印象。どの馬も一長一短で取捨に困るメンバーなので、シンプルに考えてみることにする。
 ◎スマイルジャック
 ○メイショウクオリア
 ▲ミッキーチアフル
 △ロードアリエス
 △アグネススターチ
2200m以上の距離で条件勝ち、または重賞連対のある馬から、京都外回りに実績のない関東ジョッキーの馬を除いて印をつけてみた。
スマイルジャック
メンバーが手薄な今年の中ではダービー2着の実績は光る。先行脚質なので、内が伸びる今の京都も有利に映る。中山で実績がある馬だが、父タニノギムレットの血統面からも直線が長く平坦の京都の方が合う。前走は、輸送と久々で折り合いを欠いただけに、栗東滞在で落ち着いた条件で臨めるのはプラス。血統面でも母系がサンデー×マルゼンスキーのスペシャルウィークと同様の配合であり、距離延長にも対応できる。
メイショウクオリア
京都2200m以上で2勝を挙げていることは魅力。賞金が足りていただけに前走は完全な叩き台。仕上がり途上の状態で、4角までは好位で競馬できたいたのも収穫だ。先週の追い切りはよかっただけに叩いた上積みは大きそう。
ミッキーチアフル
母系がスタミナ十分の血統で、距離延長で成績が安定してきた。前走もディープスカイが早めに動く競馬で先行馬にはきつい競馬の中で0.7差なら悪くない。いかにも叩き良化のタイプで、追い切りでは同厩舎のオウケンに先着。今年のメンバーなら一発があっても。
オウケンブルースリはどうしても中距離ベストの印象がぬぐえない。大外を回すと届かない今の京都の馬場では、最後は距離適性の差で負けるとみた。フローテーションやドットコムといった大穴に手を出すことも考えたが、フローテーションは1800mまでしか距離実績がないのがマイナス、ドットコムはG1で連対するにはさすがにズブすぎるイメージがあるので見送ることにした。あんまり点数を買ってもしかたないので、5頭の少額BOXで。


umanari_lab at 22:47│Comments(0)予想 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
富士S予想福島民友C予想