秋華賞回顧

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

今年の牝馬3冠はほんとに難しかったですね。最後の一冠もちょっと荒れすぎ。確かにどっちも相性のいいローズS組なんだけど、2頭とも予想の段階で思いっきり軽視してしまっていました。先週と1週間で京都の馬場が変わりすぎ。開幕週は芝を長めにしておいて、2週目で短く刈り込んだのが原因でしょうか。日曜の京都は前が簡単に止まらないレースが多かった。外回りだと10Rのようにペース次第では後ろが届くレースもありましたが、内回りだときついですね。
ブラックエンブレムムードインディゴは内枠がプラスに働いたように思いました。ここ最近の秋華賞では、内枠が全く走っていなかったのですが、今年は内枠の馬と先行馬が上位を独占。ムードインディゴは道中内でうまく脚を溜めて、直線で素晴らしい脚を使いました。前走は重馬場と馬体を併せたことがプラスだったので、本番ではいらないと考えていたのですが、ダンスインザダーク恐るべしです。外回り→内回りで再びペースが上がったのがよかったのかも。ブラックエンブレムの方も、内枠を最大限に生かした競馬。今日のような馬場だとロスなく競馬できた馬じゃないと上位に来れないんでしょうね。レジネッタやトールポピーは人気上外を回さざるをえなかったのがつらかったように思います。
◎リトルアマポーラもよく伸びていますが、出遅れてあの位置からの競馬ではやっぱり届きません。次は出てきたら人気しそうですが、不器用なので同じ競馬を繰り返しそう。○エフティマイアは馬体も絞れていい感じだったのですが、2000mで厳しい流れになると少しスタミナ不足か。
混戦すぎて枠順や展開次第でがらっと展開が変わった今年の牝馬3冠。秋華賞も「ローズS組」+「内枠」というシンプルな考えができれば馬券につながったのかもしれませんね。今年の3歳牝馬はそれほどレベルは高くなさそうなので、エリ女は消す方向で検討しようと思っています。
府中牝馬Sの方はカワカミプリンセスにやられました。上がり33秒台の競馬には対応できないだろうという読みでしたが、鞍上の好騎乗に阻まれた印象です。このレース、荒れそうでなかなか荒れてくれないですね~。府中牝馬Sの方が個人的にはレベルが高かったように感じるので、エリ女馬はこちらからではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です