京都9堀川特別

タガノグラマラス
2走前の内容が秀逸。前半1000mを57.2というHペースを早め先頭でクビ差の2着している。今回は、ハナを切れそうなメンバー構成で自分のペースで競馬できそう。久しぶりに岩田に戻るのもプラスで。京都の絶好の馬場を生かした逃げ粘りに期待。
スペルバインド
前走は辛勝だったが、休養明けで内回りだったことを考えると及第点。広いコースでじっくり構える競馬の方が合うし、外回りなら33秒台の末脚を発揮できる。夏を超えて馬体が戻っており、成長力に期待してみたい。
昨年の秋京都はタキオン産駒がやたら走った記憶があるので、パッションレッドやヴェルザンディをマーク。ただ、ヴェルザンディはニシノマナムスメのようにクラシック不出走で秋からの上がり馬になれるか注目である。馬券は◎○からの3連を中心に。
 ◎タガノグラマラス
 ○スペルバインド
 ▲パッションレッド
 △ヴィクトリアアイ
 △キクカラヴリイ
 △ヴェルザンディ
 △クィーンスプマンテ
 △チェレブリタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です