小倉記念予想【追記アリ】

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

土曜 18:30 追記 △ヴィータローザ追加
土曜は新潟直線の○▲を拾ったのみでマイナス。当初は◎ヒシシャトルの予定ですが、想像以上に人気してしまっていたので○に格下げして、金額も少なくなってしまいました。やはり直線1000mは枠順を重視するのが賢明なようで、内枠の人気薄はあくまでも△扱いまでですね。メインはショウナンタキオンがさっぱり。ここまで惨敗するのは馬に何かあったのか、状態面がいまひとつだったのかなんでしょう。休養明けの馬はやはりリスクが大きいので、できれば使っている馬から軸馬は選びたいところ。
【小倉記念】
土曜の新潟日報賞を見る限り「ローテーション作戦」はなかなか使えそうな予感。この「ローテーション作戦」ですが、中1週の小倉組を軽視する作戦。というのも、2週前に小倉を使った4頭全てが今週栗東で追い切りを行っており、再度の小倉への輸送になるわけです。ダイシングロウが中1週なのに木曜時点でプラス12キロなのは、この輸送を考慮してのものなのでしょう。土曜はブリトマルティスがマイナス10キロで出走し11着と惨敗。小倉記念は4頭出走しますが果たして?
これに加えて近走の戦績からちょっと厳しそうな馬を除くと8頭が消せます。
小倉中1週組
・ダイシングロウ、グロリアスウィーク、カネトシリベルテ、ケンブリッジレーザ
年齢的または能力的に連絡みは厳しい馬
・ワンモアチャッター、ヴィータローザ、ダブルティンパニー、ピカレスクコート、ウイントリガー
ミヤビランベリは前走こそが買い時で、人気馬に前に行く馬が多く、全体の時計も速くなりそうな今回は軽視の方向。
サンレイジャスパー
昨年の覇者で、過去の戦績からもとにかく軽い馬場の2000mがベスト。前走は、長期休養明けでプラス18キロの上に、大雨で小倉記念とは真逆の適性が求められただけに、惨敗は致し方ない。追い切りの動きは前走よりも良化、木曜の時点でマイナス2キロなら輸送できっちり絞れて来そうだ。
ニルヴァーナ
昨年は2番人気に推されたものの逃げて4着に敗れたが、中1週の押せ押せローテだったことを考慮すると、今年の方が走れそう。サンデー×ヌレイエフはある程度速い流れを前で踏ん張る競馬が合っており、前に行く馬が何頭かいる今回は展開的にも狙い目。
レインダンス
昨年も夏場から調子を上げた馬で、時計の速い夏の野芝は合っている。秋華賞ではダイワスカーレットの2着。良馬場の2000mなら復活あっても。
 ◎サンレイジャスパー
 ○ニルヴァーナ
 ▲レインダンス
 △ドリームジャーニー
 △ナリタプレリュード
 △ヴィータローザ
ドリームジャーニーは長い直線で末脚を生かすよりも前がやりあってHペースになってくれた方がいい馬。そういう意味では今回は復活の可能性は秘めるが、脚質的にあてになる馬ではないので人気も考慮してヒモまで。ダイシングロウとミヤビランベリは3連の押さえで。
【追記】
Hペースが向きそうなのと、叩き2走目ならギリギリ走れそうなのでヴィータローザをヒモに追加。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です