【キーンランドC】アイルラヴァゲイン狙い

キンシャサノキセキVS上がり馬という構図。実績面、函館SS同様に速い馬がいるメンバー構成では、キンシャサノキセキが負けることは考えづらい。ハンデ戦ならともかく、上がり馬と同じ56キロなら正直負けられないだろう。ここは素直に◎を打ち、ヒモ荒れ狙いとする。北海道では安定している上がり馬2頭だが、今度は重賞メンバーが揃いペースも異なるものになる可能性が多く、間に割って入りそうな馬を狙ってみる。
アイルラヴァゲイン
昨年のスプリンターズSでは、現役最先着。京王杯スプリングCあたりの走りを見ると1200m路線ではまだまだやれる実力が有る。ここで賞金を加算しないとスプリンターズSは使えないこともあり、陣営も休み明けとしてはかなり仕上げてきているとのこと。速い時計が得意な馬ではないので、北海道の洋芝で、かつ雨の影響が残る馬場はプラスに働く可能性が濃厚だ。
穴は函館SSで自分の競馬が出来なかったウエスタンビーナス。ゴスホークケンが控えることにでもなれば、単騎逃げ粘りの一発も。
 ◎キンシャサノキセキ
 ○アイルラヴァゲイン
 ▲ウエスタンビーナス

1件の返信

  1. accel より:

    この結果は読めませんよね。。。タニノマティーニって。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です