マイルCよりも都大路Sヴィクトリアマイル展望

2008年05月11日

日曜は完敗

日曜は結果的に馬場と展開が読めませんでした。
マイルCはダンツキッスイが逃げなかった時点でハズレ。中盤のラップが緩んでしまったので、直線では瞬発力比べになり、内を突いた馬が上位を独占する結果となりました。もっと馬場が悪いと思っていたんですが、9Rで上がり3Fを33秒台で上がる馬が出てきているように急速に馬場は回復していたみたいですね。瞬発力が生かせる競馬になるとさすがにタキオンは強いです。
サトノプログレスは、スタートもあんまりよくなかったし、もうちょっと時計のかかる馬場じゃないと現状では苦しい感じ。成績が示すとおり現状では中山向きのようです。ディープスカイはともかく、ブラックシェルまでが内を突いたのは驚いたなぁ。どっちも使い詰めのローテーションなので、さすがにダービーではないと思うんですがどうでしょう。3着のダノンゴーゴーには驚きました。他の馬が外を回った影響で意外と内がポッカリ開いていたのがよかったように思います。
京都の方は、◎マイネルハーティーの届かない展開。エントリーを投稿し終わった後に、逃げ馬が全然いなかったので嫌な予感はしていたのですが、フサイチアウステルはさすがにちょっと拾えません。マイネルはプラス10キロもあり、状態面がもう一つだったように思います。こういう穴の追い込み馬は展開の助けがないと厳しいですね。。
府中は、今日のように全馬が直線で外に出す競馬になると、昨年のヴィクトリアマイルと同様に内を突いた馬が断然有利になりますね。そういう意味では来週も引き続き内目の枠の馬が要注意となりそうです。


umanari_lab at 16:19│Comments(0)回顧 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
マイルCよりも都大路Sヴィクトリアマイル展望