桜花賞展望その1【NZT】◎サトノプログレス

2008年04月10日

アグネスタキオンと阪神1600

桜花賞での本命候補の1頭がリトルアマポーラなのですが、この馬の父アグネスタキオンと阪神1600m外回りの相性はどうなのでしょうか。
連対数で見ると、<6-14-5-41>連対率30.3%で勝ち鞍1位。連対数の20は他を圧倒しています。これを見た瞬間は、昨年もスカーレットが勝ったし、◎リトルアマポーラで間違いなし!と思ってしまいましたが、気になるデータが一つ。
特別戦に限ると<1-4-3-14>連対率22.7%と悪くなっています。勝ったのはダイワスカーレットだけというのは少し嫌なデータですね。条件が上がると少し流れが厳しくなって、「斬れ」を身上とするタキオン産駒はいまいちなんでしょうか。勝ち上がりが早いので新馬と未勝利で稼いでおり、心配するほど悪いデータではないと言えなくもないですが。
血統的には、王様や亀谷氏のコラムにも書いてある通り、サンデー以外ではグレイソヴリン系が強いです。先週も外回りコースでは母父グレイソヴリンがよく走っていました。
そんなわけで、リトルアマポーラの買える点、買えない点
<買える点>
・マイル3勝。阪神マイル2勝。
・母父リファールはアグネスアークと同じ配合なのである程度厳しい流れにも対応できそう
・みんなオークス狙いだと思っていて意外と人気しない?
・幸四郎は阪神マイル重賞得意
・牡馬相手に好走。牝馬に先着されていない。
<買えない点>
・レース間隔が空いたこと
・マイル3勝の割に持ち時計は今ひとつ
・阪神マイル得意も、人気では今ひとつ信用できない鞍上
そんなわけで暫定◎としていますが、人気薄を何頭か選んで、この馬とトールポピーにぶつける馬券を中心に組もうかと思っています。


umanari_lab at 00:03│Comments(0)血統 

この記事へのトラックバック

1. (No Title)  [ えいと ]   2008年04月10日 02:04
リトル良さげですね。<br />間隔空いた点もクイーンCならギリギリセーフじゃないでしょうか。<br />連対馬に限ると直行馬の成績いいですし、<br />母父のリファールの血も牝馬クラシック戦線と相性いいのも心強いし。<br />あとは黒船2騎に少しでも人気もって行ってもらいたいですね^^<br />
2. (No Title)  [ るなぱーく ]   2008年04月11日 21:33
リトルよさげで、母父リファールも楽しみです。ただ、クイーンSの時計的には評価できるものじゃないところが悩ましいです。<br />クロフネ2騎は私も軽視予定なので、人気を被って欲しいものです。<br />

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
桜花賞展望その1【NZT】◎サトノプログレス