スプリングSの傾向

【展開】
1800mという距離のせいか、弥生賞のような極端なスローになるケースは少なく前半と後半がイーブンか前半が少し速いぐらいのペースになることが多い。
【血統】
4,5年前はサンデーが2年連続ワンツー。ただ、近2年は結構時計がかかっており、この時期の中山の馬場が少し変化していることの象徴かもしれない。ここ2年は母父サンデーが連対も、父はクロフネとゼンノエルシドであり、母父サンデーなら少し父がジリっぽいぐらいでちょうどいいのかも。
【激走】
6番人気以下の連対は過去5年で2頭だけ。どちらも重賞で惨敗して人気を落としてきての連対である。3歳戦は、1度の惨敗で人気急落することがよくあり、実力馬が得意条件に戻って巻き返すケースは要注意。
【今年の傾向】
抜けた馬もいないが、それだけにどの馬にもチャンスがありそうな好メンバーだ。実力馬の巻き返しという意味での注目はレッツゴーキリシマ。前走は57キロを背負って折り合いを欠きながら4着に粘っており、内でうまく脚をためる競馬ができれば巻き返す可能性は十分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です