アーリントンC回顧【阪急杯】◎ローレルゲレイロ

2008年03月01日

【中山記念】◎チョウサン

1月の中山開催をCコースで開催した影響で、今週の中山は内枠・先行有利。コンゴウリキシオーは気持ちよく11秒台の続くラップを刻むことができそうだ。ただ、コンゴウリキシオー自身は休み明けは凡走が多く直線で失速する可能性も。ここはHペースの持続力勝負が得意な馬を選んでみたい。
チョウサン
秋のG1は有馬記念こそ惨敗したものの、天皇賞は最速上がりをマーク、JCは逃げて6着とそれなりに見せ場を作っている。やはりベストパフォーマンスはレコード勝ちの毎日王冠で、開幕週で時計が速い馬場はこの馬にぴったりと言えるだろう。今回もコンゴウリキシオーとハナを争いそうな馬(ヨイチサウス)がいて、Hペースになりそうなところは毎日王冠と酷似。東京コースと中山コースの違いはあるが、中山コース<3-1-0-4>なら心配しなくていいだろう。内でうまく脚をためて直線で末脚爆発を期待してみたい。
エイシンドーバー
瞬発力勝負になると走らない馬で、上がりが極端に速くならない中山コースは合ってそうだし、成績を見る限り非根幹距離は断然。能力的にはこのメンバーでもひけをとらないはずで、人気の盲点になりそうなここは狙い目。
コンゴウリキシオー
昨秋は低調な結果に終わったが、毎日王冠は休み明けをストーミーカフェに絡まれながら0.6差の内容だったし、ここも展開次第では逃げ切りがあっても全く驚けない。
 ◎チョウサン
 ○エイシンドーバー
 ▲コンゴウリキシオー
 △プリサイスマシーン
 △リキッドノーツ


umanari_lab at 19:55│Comments(0)予想 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アーリントンC回顧【阪急杯】◎ローレルゲレイロ