土曜日予想日曜競馬回顧

2008年01月20日

日曜重賞予想

【日経新春杯】
 ◎ヒラボクロイヤル
 ○アドマイヤジュピタ
 △アドマイヤモナーク、トウカイエリート、マキハタサイボーグ
アドマイヤジュピタが消せない。2400mでの実績はないものの、好位から速い脚が使えるタイプなので、Hペースに巻き込まれない限りは簡単には崩れなさそう。フレンチデピュティなので、G1級の相手にぶつかると壁を感じそうだが、今年のメンバーでは馬券圏内は外さないのでは。
狙ってみたいのはヒラボクロイヤル。青葉賞を勝った2400mで、そこそこ時計がかかっている京都の馬場もプラス。前走で復調の兆しを見せており、広いコースで伸び伸びと走ることができれば復活の可能性が高い。
馬券は◎○の馬連と◎○からの3連複で。
【京成杯】
 ◎マイネルファルケ
 ○マイネルチャールズ
 ▲ランチボックス
 △ダンツウィニング
 △ゴールドストレイン
マイネルフォルケを狙ってみる。未勝利戦勝ちからの格上げになったラジオたんぱ賞では差のない5着と見せ場を作った。中山2000mは未勝利戦を好時計で圧勝したコース。鞍上に皐月賞ジョッキー田中勝春を迎え、早め先頭からの押し切りに期待したい。穴は前走道悪惨敗で人気を落としているランチボックスと、久々ながら追い切りで動いたゴールドストレイン。ゴールドの母はオークス4着で距離延長も不安ない。ゴールドアリュールはジュニアCでワンツーしており、中山コースをこなせる器用さもあるようだ。
【石清水S】
◎ベイリングボーイ
○コンティネント
▲ウエスタンクィーン
△ハイソサエティー
前走出遅れてかかってしまったベイリングボーイを見直し。京都外回りコースなら瞬発力を生かせる。穴は東京マイルの湘南Sで3着したウエスタンクィーン。同レースは、1着マイケルバローズ、2着チョウサン、4着メイショウトッパーなどHレベルなメンバー構成だった。軽ハンデで再度狙ってみたい。


umanari_lab at 09:56│Comments(0)予想 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
土曜日予想日曜競馬回顧