阪神C・フェアリーS回顧有馬記念前売り

2007年12月19日

有馬記念で買わない馬

消す予定の馬
ウオッカ
タニノギムレットはロベルト系のくせに全くロベルトっぽくなく、中山芝では
<1-1-1-38>。その代表格であるこの馬も明らかに広いコースで
カーブも少ない競馬の方が合っており、ここは自信の消し。
ディープインパクトのようにどんな競馬場でも同じような脚が使える
オールラウンドプレイヤーではなくて、末脚の破壊力はあるものの、
その末脚が生かせるのは限られた競馬場だけではないかと感じます。
中山を克服できる可能性は限りなく0に近いでしょう。
ダイワスカーレット
今回は、コスモバルク、サンツェッペリンあたりが絡む可能性が高いし、
兄ダイワメジャーやポップロック、メイショウサムソンあたりも早めの競馬。
ただでさえ、初の関東への輸送、初の2500mなど不安材料が多いのに
これだけ展開的に厳しいとなると狙いづらい。
残るとすれば、予想に反して後ろが絡まなかった場合のみ。さすがに
これだけ先行馬が揃っていてそれはないと思うが。
似たような成績で、距離実績のあったファインモーションでも5着。
20年間で連に絡んだ牝馬はヒシアマゾンのみ。
やはり牡馬に混じっての有馬は相当に厳しいと見る。
ダイワメジャー
3連勝で臨んだ昨年で3着。やはり距離は少し長い印象で、勝ち切るまでは
厳しいように思える。年齢的にもピークは過ぎている感じであり、マイル
王者が勝てるほど有馬は甘くないと思う。
ドリームパスポート
JCを半端な状態で使ってしまったのがマイナス。追い切りの感じでもまだ
ピークまでは戻りきっていない印象で、もうしばらくかかりそうだ。
1度叩いたことで、それなりに穴人気しそうであんまり妙味もない。
今のところの印
 ◎メイショウサムソン
 ○ロックドゥカンプ
 ▲ポップロック
 △インティライミ
 △マツリダゴッホ
あまりに普通な予想になりそうなので、お楽しみ馬券でマツリダゴッホを
買う予定です。
本来なら有馬記念はあんまり買うべきレースじゃないんでしょうが、今年は
人気馬の取捨のビジョンが個人的にははっきりしているので、そこそこ
勝負してもいいんじゃないかと思っています。





umanari_lab at 23:06│Comments(0)展望 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
阪神C・フェアリーS回顧有馬記念前売り