アルゼンチン共和国杯回顧

アドマイヤジュピタ 2番人気1着
前走快勝の勢いそのままに、重賞初挑戦のここも突破。
やはり条件馬のハンデ戦は前走勝ち馬から狙うべきだと痛感した。
父フレンチを不安視する声も多かったようだが、この馬は母父のリアルシャダイが
出ているようなので、やはり距離に融通が利くようだ。
中距離の厳しい流れよりは、これぐらいの距離で中盤緩むラップの方が合いそう。
トウカイトリック 10番人気2着
この馬は人気でこける想定だったので全く目にもとめていなかったのだが、10番
人気だったとは完全に人気の盲点だった。カゼノコウテイがかかる展開で意外に
ペースが上がってスタミナの要求される流れが向いたか。
何より今年の春あたりから、瞬発力が使えるようになってきており、阪神大賞典
あたりで最速の上がりをマークしていたことをすっかり忘れていた。
まさに人気の盲点。ステイヤーズSでは人気になりそうだが、2走ボケでもない限り
得意距離なら簡単には崩れそうにない。
リキアイサイレンス 9番人気3着
前走1600万勝ちながら52キロ。9番人気の人気薄だった。
サンデーが得意なレースではないが、この馬はサンデーには珍しいステイヤー
タイプで、2400~2500が安定しているタイプ。
2500mは9回走って3着以内7回と得意な条件だった。
ダンスアジョイ 4番人気4着
中1週続きでマイナス18キロ。後方からよく追い込んでいるとは思うが、もう
さすがにおつりがなさそう。次走人気なら消し。
(今週の感想)
今週は難しいハンデ重賞だったわけですが、人気も割れていたように皆さん
かなり迷われていた様子。展開スローという想定が失敗でした。
本命馬がまさか逃げるとは思いませんでした。
トウカイトリックはもっと人気すると思っていたんですが、全然人気なかったん
ですね~。昨年5番人気5着だし、少しなめられすぎていたんでしょうか。
リキアイサイレンスの2500実績までチェックが行っていなかったし、今週は
完全に検討不足だったように思います。残念。
土曜は眠い目をこすりながら予想したカシオペアSが○▲△で決着。
毎日王冠と同じような買い方をして馬券は取り損ねております・・・(^^;
「競馬は同じことの繰り返し」とよく言いますが、馬券を買う方も同じ事を
繰り返していたんでは当たるものも当たりませんね~
————————————————————————-
馬券上手が多数参戦!
ウマニティで一緒に競馬力アップしませんか?
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です