【マイルCS】◎カンパニー

安田記念は、完全な持続力勝負であり、ノーザンダンサー系が得意とする
レースであるが、マイルCSは持続力に加えて瞬発力の求められるレースであり
近3年はサンデーサイレンスが上位を独占している。今年は逃げ馬不在という
こともあって、極端なハイペースの可能性は低く、例年以上に瞬発力が
必要となる可能性が高い。
 ◎カンパニー
 ○スズカフェニックス
 ▲トウショウカレッジ
 △ベクラックス
 △ダイワメジャー
カンパニー
天皇賞は直線で伸びかけたところを一瞬カットされる不利があっての3着。
休み明けで実績のない2000mであったことも考えるとよく走っており、
叩き2走目で距離短縮となれば、上積みは大きそうだ。
トニービンは京都G1だと3着までのケースが多いが、この馬自身は
京阪杯や関屋記念の圧勝を見ると直線平坦コースの方が瞬発力を
発揮できそうなタイプに思える。
近走は根幹距離でも崩れなくなってきたし、瞬発力を生かせる流れなら
新潟記念のように突き抜けることも。
天皇賞2着のアグネスアークよりもローテに余裕があるし、マイル適性も上。
スズカフェニックス
サンデーの庭とも言えるマイルCSなら相手候補はサンデーから選びたい。
ダイワメジャーは前が厳しい流れの方が得意であり、過去2年ほどのペースが
望めない今年は分が悪いように感じる。キングストレイルは中山向きの異色な
サンデーで瞬発力を要求される本来サンデーが得意な舞台は苦手である。
サンデーの中では末脚に最も信頼が置けるスズカフェニックスが狙える。
前走は道悪の中山1200という最も向かない舞台であり度外視。むしろ
前走の凡走で手頃に人気が落ちたことをラッキーだと思いたい。
ペースが落ち着いた時の切れ味はカンパニーをしのぐほどであり、3000勝
ジョッキーを背に、33秒前半の末脚を発揮できるか。
トウショウカレッジ
本来ラストタイクーンでは、マイルCSは少し重すぎる印象で、瞬発力勝負には
分が悪いのだが、この馬は母父サクラバクシンオーで、適性距離が少し
短めにシフトしており、瞬発力にも優れているように感じる。
上がり3F33秒半ばでの差し切り実績もあり、大型馬の叩き3走目で走り頃、
人気もないので3着候補で狙ってみたい。
ベクラックス
外国馬は人気馬よりも人気薄から、血統云々よりも持ち時計から狙い馬を
絞った方がよさそうに感じる。同馬はヨーロッパの中ではスピード競馬である
イタリア産馬で、調教師はJC2着馬サラファンと同じで日本での実績もある。
血統的にはどちらかといえば安田記念向きだが、人気と持ち時計を加味して
ヒモには加えておきたい。
人気馬についても少々
アグネスアークはやはりローテ面からの疲労が心配。
また、カンパニーやスズカフェニックスと比べると「マイルでの瞬発力」という
点で疑問符がつく印象。この馬はアグネスタキオンよりも母父リファールが
しっかり出ていて、ある程度流れが速くなることが好走の条件では?
ダイワメジャーはここ2年ほどペースが上がらないことと、前走の影響から
順調さを欠いたのが割り引き。デュランダルも3年目は凡走したように3年
連続の好走は難しいように感じる。
スーパーホーネットはスローの上がり勝負しか対応できなかったのに、
前走はHペースで追い込んでの1着と一皮むけた印象。ただ、1800→
1400という非根幹での好走なので、1600mのG1で果たして人気ほどの
信頼度があるかというと疑問符が残る。状態面は生涯再考とも言える出来
のようなので、3連のヒモには加えておきたいが・・・
————————————————————————-
馬券上手が多数参戦!マイルCSも熱い議論を展開中!
ウマニティで一緒に競馬力アップしませんか?
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です