スプリンターズS回顧

アストンマーチャン 3番人気1着
同じ不良馬場で行われた04年のカルストンライトオと同様の逃げ切り勝ち。
エムオーウイナーあたりも行きたがっていたが、テンのスピードと重適性が
違いすぎた。父アドマイヤコジーンも不良の東京新聞杯を勝っているし、馬群に
揉まれない競馬をすれば馬場は全く問題なさそう。
今後敗れるとすればやはり北九州記念のようなパターンで、外差し馬場のHペースに
なった場合ではないだろうか。そういう意味では高松宮記念で快速馬が出走してくれば
危険な人気馬になることもありうる。
サンアディユ 1番人気2着
セントウルSから中2週+輸送で馬体が減るかと思ったがプラス2キロで出走。
それだけ競争馬として絶好の状態を迎えているのだろう。
前日に負傷しながらも川田が意地の騎乗で2着。
馬場を問わない万能タイプで1200m路線ではこれからも中心的な存在になれそうだ。
アイルラヴァゲイン 5番人気3着
中山では崩れない。G1でのツメの甘さが最後に出てしまって惜しくも3着。
エルコン×メドウレイクの割には意外と道悪で成績がよくなかったが、今回は
2番手につけられたのがプラスに働いたようだ。
坂がないと甘いので今後も中山・阪神以外では基本的に軽視でいいとは思う。
プリサイスマシーン 7番人気7着
直線で伸びそうで伸びず。やっぱり1200mはちょっと短い模様。
スワンSでは今年も穴馬。
スズカフェニックス 2番人気9着
久々でマイナス8キロ。帰厩が遅れた分を調教で補おうとしてハードワークに
なりすぎたのでは?一度リズムが崩れたので、今後きっちり立て直せるか
注目しておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です