【京王杯回顧】◎出遅れで終了

キングストレイル 2番人気1着
中山マイルでは自分の力はきっちり出せる。今回はメンバーも手薄だったので
しっかりと勝つことができた。父はサンデーだが、ノーザンテーストの影響が
強く、それほど切れる脚はない。
今回はメンバー的それほど揃っていなかったので、十分足りたが、東京
コースで切れ味を要求される場合や、中山でもメンバーが揃ったら危ない。
カンファーベスト 4番人気2着
年齢的な衰えはなく、ここもきっちり力を発揮した。極端に速い上がりに
なりにくい開幕週の持続ラップはこの馬にぴったり。
昨年を見ると使うごとに着順を落としているので、今後は狙うところがなさそう。
来年になるとさすがに衰えがありそうだし、今回が馬券に絡むラストチャンス
だったのかも。
ストーミーカフェ 3番人気8着
逃げ馬の出遅れほど悲しいものはない。
道中無理矢理ハナを切り、直線も一瞬粘りを見せたが、前半あれだけ無理を
してはさすがに最後まで粘りきるのは無理。
3番人気と想定以上に人気を集めすぎたこと、乗り慣れていないジョッキーへの
乗り替わりが響いたか。もっと楽にハナを切れれば粘る可能性もあるので、
人気が極端に落ちるようならヒモには加えておきたい。
マイネルシーガル 1番人気3着
もっと惨敗すると思ったので、この3着は健闘の部類だと思う。
持ち時計のなかった馬が時計を大幅短縮。
やはり持続力勝負でのニジンスキーは恐い。
ただ、マイル路線の主役になるほどの能力はなく、今後もオープン~G3
程度で入着を繰り返す程度ではないだろうか。
マイケルバローズ 6番人気4着
中山は向かないと思ったが、よく追いこんで4着まで来た。
ペースが速かったとはいえ、かなりの地力強化がうかがえる内容。
ここで惨敗したら富士Sで本命を打ってみたかったが、今回の好走で富士Sでも
ある程度人気を集めそうなのが残念。
セントウルSは明日にでも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です