荒れた北九州記念【キーンランドC】◎エムオーウイナー

2007年08月25日

【新潟記念】◎マヤノグレイシー

馬インフルエンザで1週休みとなってしまいましたが、何とか今週開催されることに
なったのを嬉しく思います。
陽性馬は出たものの、発症した馬が少なかったのはワクチンの効果でしょうか。
あとは無事に日曜日まで開催が行われるのを祈るのみ。
このまま、沈静化してくれたらいいんでしょうけどねえ。
【新潟記念】
馬インフルエンザの影響か、有力馬が軒並み回避して混戦模様となった。
<コース>
新潟芝2000mはコーナーが2つしかなく2度の長い直線を走るという特徴がある。
同じようなコース形態の東京・京都1800mあたりの好走馬は要注意。
<血統>
グレイソヴリン系の血を持った馬が強い。今年のメンバーを見ると父か母父に持つのは
アドマイヤモナーク
トップガンジョー
ヤマニンアラバスタ
ユメノシルシ
とにかく直線が長いこともあり、長くいい脚が使えるのがポイントだろう。
<馬場>
開催が進んで外が伸びる傾向が強かった。
ただ、1週休んだことにより、回復している可能性も。
<展開>
ユメノシルシは前半速いラップで逃げたことがないし、スローペース必至か。
直線では長い持続力が求められる。
◎マヤノグレイシー
今年は逃げ馬不在で前半の流れが落ち着きそうな分、例年よりもより持続力の
求められる流れになりそう。1800mで好成績を挙げている同馬なら十分に
対応できるだろう。休み明けは<3-1-0-0>と好成績。
8歳だが、3年近い休みを挟んでおり、馬はまだまだ若い。重賞で1番人気に
なったこともある馬が54キロで出走できるのだから狙わない手はない。
マヤノトップガンは昨年の勝ち馬を排出しており、持続力勝負には強い。
○トップガンジョー
▲ヤマニンアラバスタ


umanari_lab at 11:06│Comments(0)予想 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
荒れた北九州記念【キーンランドC】◎エムオーウイナー