荒れた函館記念

函館は予想以上に重い芝だったみたいで、こうなってくるとやはり洋芝に
実績のある馬がものを言いますね。
サンデー勢はほぼ壊滅状態でしたし。
◎マチカネキララはいけてなかったなぁ・・・
函館記念はサンデーもぼちぼちは来ていますが、人気でこけている方が
多いレースですし、瞬発力タイプは本質的に向かないのでしょう。
今年は前半63秒の明らかなスローながらエリモハリアーの3連覇。
クラフトマンシップも1.5秒負けから巻き返したことがあるし、一瞬印を
回そうかと頭をよぎりましたが、
・スローならないだろう
・3連覇はないだろう
の2点で消してしまいました。
洋芝な上に開催が進んで力のいる馬場になっているので、やはり本質的に
ヨーロッパ系が強いレースなんでしょう。
2着ロフティーエイムはサンデーですが、東京よりも中山に実績があって、
北海道や福島に強いちょっと特殊なタイプ。
もうちょっとパワーを意識して予想すべきだったかな~
ナムラマースは前が詰まったし、アドマイヤフジは先行が仇。
どっちも小回りを意識しすぎたんでしょうかねえ。

1件の返信

  1. マチカネキララはノド鳴りのようです。
    藤沢和師『ノド鳴りの手術で弁を止めていた糸が外れたようだ。上がってきたときはひどい息だった。』日刊スポーツより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です