宝塚記念展望1【宝塚記念】◎カワカミプリンセス

2007年06月21日

宝塚記念その2

今日は有力馬に関して見ていきたいと思う。
重い印を打つ予定だったスイープトウショウが回避。
関西圏ならそこそこやれると思っていただけに残念。
まあ、ハズレ馬券を買わなくてよくなったとプラスに考えていこう。。
ウオッカ
ダービー圧勝の馬が51キロで、ここは1番人気になりそうな勢い。
デビュー以来35秒以上の末脚を記録したことが一度もなく、並はずれた
瞬発力の持ち主であることは間違いない。
それだけに2200mという持続力が求められる非根幹距離への適性は
それほど高くないのかもしれない。最も、この馬がディープインパクト級で
あれば、適性も馬場も関係なく、ここも楽勝してしまうかもしれないが・・・
もう一つ不安要素を挙げるとすればローテーション。春の時点では
オークス(ダービー)まででやめる予定だったし、桜花賞とダービーで
すでに2度ピークに仕上げている点は不安である。今回の宝塚記念出走も
オーナー側の意向が強く、調教師としては本来使いたくはなかったのだろう。
古馬相手で、今回は逃げ馬も多くダービーと同じような3F瞬発型の競馬
にはならないと見て、今回は敢えて喧嘩を売ってみたい。
メイショウサムソン
天皇賞は相手が弱かったこともあるが、決してベストとは言えない3200m
の距離を勝ったのだから素直に評価していいだろう。非根幹で長い末脚の
要求される阪神2200mはおそらくはこの馬にぴったりの条件。
ただ、前走の天皇賞は好走した馬に軒並み反動が出ているのが気になる。
2着エリモエクスパイアと4着アイポッパーは故障、3着トウカイトリックは
次走の目黒記念で惨敗している。
勝ち馬であるメイショウもレース後は反動が出ていたらしい。陣営は立て直し
ができたと主張しているが、状態面では不安があるのは間違いないだろう。
適性が高いのは間違いないので印は打つ予定。
ダイワメジャー
昨秋からの充実ぶりからして、2200mの距離もこなしそう。
前走が遠征帰りで久々だったし、ローテが詰まってもさほど問題ない馬。
勝つかはともかく上位には確実にやってきそうな気がする。サンデーの
中では持続タイプなので、持続ラップになっても問題ないだろう。
先週ぐらいの高速馬場になればマイルをこなせるぐらいのこの馬の
スピードが生かされそうだ。


umanari_lab at 22:51│Comments(0)展望 

この記事へのトラックバック

1. (No Title)  [ 読者 ]   2007年06月22日 22:30
管理人さん、馬柱が更新されていないみたいなので、修正お願いします。<br />

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
宝塚記念展望1【宝塚記念】◎カワカミプリンセス