【安田記念】◎コンゴウリキシオー【エプソムC】◎ホッコーソレソレー

2007年06月03日

安田記念回顧 ◎連対も・・・

コンゴウリキシオーはエイブルワンに絡まれながらもよく頑張りましたが
ダイワメジャーとの馬連は持っていなかったので残念ながらハズレ。
上位入線馬を中心に、1頭ずつ私見を述べてみます。
ダイワメジャー
内枠と遠征帰りということで、評価を下げてしまいました。
サンデーの中では自分で持続力ラップを作って勝負する馬であり、安田記念に
最も向いていたのは間違いないでしょう。東京コースも秋の天皇賞で克服
していましたし、ドバイ組は昨年もアサクサデンエンが連に絡んでますし、
しっかりヒモには押さえておくべきだったなと思います。
コンゴウリキシオー
テンが遅くて2ハロン目以降が11秒台のラップはマイラーズCと同じ。
こういう流れになると切れ味タイプのサンデーはやはり向かないですね。
速い逃げ馬が出てきてハナを切れなくなると案外もろいかもしれないですが
今後も自分の流れで行ける展開ならしぶといでしょう。
ジョリーダンス
この馬もサンデー系ですが、ダンスはサンデーの中ではかなり重いので
厳しいラップになるレースは向く。アサヒライジングが飛ばしてHペースに
なった阪神牝馬Sの内容をもう少し考慮すべきだったか。
アドマイヤキッス
全くの人気薄でしたが、実は母系がミスプロ×リファールの安田記念配合。
牝馬ということで、あっさり消してしまいましたが、マイラーズCでも4着して
いましたし、サンデーでありながら持続ラップにそこそこ対応できる馬という
ことなんでしょう。
スズカフェニックス
コンゴウリキシオーが引っ張る流れになると少しスタミナ不足か。
道中息が入らない流れでは、力を出し切るのは難しいのでしょう。
エイシンドーバー
やっぱりどっちかいうと非根幹距離向き。
スワンSで。
エアシェイディ
馬体を戻すのに苦労して状態は戻っていなかったんではないかと思います。
スズカフェニックスと同じくこういう流れはよくないんでしょうが、それにしても
負けすぎ。
香港馬に関しては、今回はそこそこ穴人気していたし、次はまた日本人が
忘れた頃に連に絡むのではと思っています。


umanari_lab at 19:01│Comments(0)回顧 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【安田記念】◎コンゴウリキシオー【エプソムC】◎ホッコーソレソレー