【京王杯】◎ブラックバースピン【京王杯回顧】かすりもせず・・・

2007年05月12日

【ヴィクトリアM】◎ディアデラノビア

第1回の昨年が緩んだペースになってサンデー系が上位独占。
牝馬限定戦ということもあり、同じ東京マイルで行われる安田記念とは
傾向の違うG1になりそうだ。
今年は、行きたい馬はアサヒライジングぐらいで、有力馬は差し馬が多い。
アサヒに執拗に絡む馬がいない以上、ある程度の瞬発力を要する流れに
なるのはほぼ間違いないだろう。
◎ディアデラノビア
昨年の3着馬。G1では、3着が多くてなかなか結果が出ないが、府中で
コンスタントに発揮する33秒台の末脚は魅力。
京都牝馬Sでは貫禄の差し切り勝ち。
前走は距離不足の1400mで先行してちぐはぐな競馬になったが、マイルに
戻っての巻き返しは十分期待できる。
○スイープトウショウ
2強が形成される場合、どちらか一方が来ることが多い。
カワカミを危険と判断する以上、この馬は押さえておく必要があるだろう。
32秒台の切れ味を発揮できるのはおそらくこの馬だけ。
年齢的な衰えはあるだろうし、年を取ってから反動が出やすいのは気がかりで
あるが、2度の天皇賞でも掲示板は確保しており、牝馬同士なら負けられない。
サンデー系重視の予想もこの馬は血統に関係なく来そうなので。
▲デアリングハート
好位から33秒台の脚を使うことができるため東京コースでの活躍も多い。
府中牝馬Sでは◎の末脚を封じる好走。
休み明けを0.6差に踏ん張っており、昨年よりも充実した状態で臨める。
鞍上藤田も恐い存在だ。
△コスモマーベラス
昨年4着、ユートピアS勝ちと府中マイルは悪くない条件。
昨年と同じ福島牝馬Sから参戦だが、惨敗した昨年と比べて今年は
4着と大崩しなかった。距離短縮は間違いなく向くはずで今年も
激走に期待してみたい。


umanari_lab at 13:09│Comments(0)予想 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【京王杯】◎ブラックバースピン【京王杯回顧】かすりもせず・・・