【新潟大賞典】◎エアセレソン

混戦模様の新潟大賞典。
オッズも割れていて、どこからでも入れそう。
◎エアセレソン
長期休養明けを3度使って徐々に調子を上げてきた。
2年前の勝ち馬で、母父トニービン、新潟2000mへの適性は高い。
○ブライトトゥモロー
新潟2000mはコーナーを回る回数が2度だけということから京都の
1800mとリンクする。前走は前残りの展開を最速の上がりで3着。
ハンデも手頃で。
▲ヴィータローザ
休み明けだけは全く崩れていない。
使い減りするので休み明け3走までが勝負。
新潟の重賞は3着が2回あるだけだが、今回は57キロに斤量が
減り、チャンス到来か。
△ニホンピロキース、ヨイチサウス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です