【青葉賞】◎フィニステール京都はサンデー祭り??

2007年04月28日

【天皇賞】◎マツリダゴッホ

混戦模様の今年の天皇賞。
G1馬はメイショウサムソンデルタブルースのみで、両馬とも瞬発力勝負に
なると疑問符が付くタイプだけに、絶対的な信頼は置けない。
過去の血統の系統から見ると、菊花賞とは違い重い馬でなくても走れるのが
天皇賞(春)の特徴である。
菊花賞で連対したダンスインザダーク産駒が本番で不発なのは、速すぎるこの
時期の京都の馬場に対応できないのが原因だろう。
◎マツリダゴッホ
サンデー産駒でも母父にアメリカ系のスピードタイプが入った馬の好走が
目立つ春の天皇賞。前走はかなり早めの競馬で勝ちに行く競馬をしての
0.2差で、あの競馬ができるのなら3200mも十分こなせると見ている。
鞍上は長距離の鬼、横山典で、前有利の今の京都の馬場なら主役になれる
可能性は十分だ。
○アイポッパー
どんなペースでも折り合える気性はやはり長距離向き。ずば抜けて切れる脚は
ないが、好位で競馬ができるようになって切れ不足を補えるようになった。
前走は決して高いレベルではなかったが、この馬自身は58キロで得意ではない
阪神、休み明けという条件だったため、上積みが見込めるだろう。
G1だと他の馬の瞬発力に屈する可能性はあるが、3着には入りそう。
▲ダークメッセージ
春天で通用しなかったダンスインザダークだが、この馬は母系がノーザンテースト
×クラフティプロスペクターで他の2頭よりは軽そうなのが良い。
G1初挑戦のフレッシュな状態で。
△トウカイエリート、ファストタテヤマ、ユメノシルシ、トウショウナイト


umanari_lab at 12:02│Comments(0)予想 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【青葉賞】◎フィニステール京都はサンデー祭り??